第179回目「Tシャツブランドインタビュー」~ atelier comopti 編

第179回目のTシャツブランドインタビューは「atelier comopti編」です。

ateliercomopti00

 atelier comopti
 http://ateliercomopti.com/


今回のインタビューは atelier comopti (アトリエ コモプティ) さんです。

自分の嗜好に最適化されたパターンオーダーTシャツをつくることができるブランドさん。

元々アパレル OEM 業にお勤めされたそうですが、どうしてパターンオーダーのTシャツ屋さんをオープンしようと思ったのでしょうか?

今回はどういうお話が飛び出すでしょうか、お楽しみに。

第179回目「Tシャツブランドインタビュー」~ atelier comopti編 (2014/3/8 収録)

クラゲ : ブランドの自己紹介をお願いします。

atelier comopti : 「atelier comopti (アトリエ コモプティ)」は、

 ・素材
 ・ボディスタイル
 ・プリント柄又はポケット型

をそれぞれ選んで組合せて頂き、1枚からお届けしているパターンオーダーTシャツブランドです。

ateliercomopti00

 ■参考リンク
 組み合わせは1,000通り以上、日本初のパターンオーダーTシャツ「atelier comopti」
 http://taf5686.269g.net/article/17700312.html

クラゲ : ブランド名の由来を教えてください。

atelier comopti : 「comopti (コモプティ)」とは、「combinatorial optimization (組み合わせ最適化)」という、主に応用数学と情報工学の分野で使われる言葉を省略した造語です。お客様一人ひとりに、ご自分に最適な組み合わせのTシャツをお届けしたいという思いに由来しています。

ateliercomopti01

クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

atelier comopti : 独立する前はアパレル OEM 業の会社に勤めていまして、その時からお客様への提案用Tシャツを企画・生産していました(Tシャツに限らずなのですが)。また趣味としても、プリント柄をプリント屋さんに入稿して版をつくってもらい、インクやスキージなどの簡単な材料を揃え、自宅でオリジナルプリントTシャツを作ったりもしていました。



クラゲ : ネットでTシャツを売りはじめたのはどうしてでしょうか?

atelier comopti : ウェブショップを立ち上げたのは昨春(2013年)です。きっかけはプリントTシャツやポケットTシャツを購入する際に、「プリント柄は好きなのに、ボディの素材や形が好みじゃないなぁ」とか「素材や形は好きだけど、プリント柄やポケットの形が素材と合ってないなぁ」など、市販のTシャツに完全には満足していませんでした。

そこで「こういった不満を叶えてくれるTシャツ屋さんがあればいいなぁ…」と想いから、「無いなら事業として立ち上げてしまおう!」という流れでスタートしました。

ateliercomopti04

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

atelier comopti : 最初にウェブショップで注文が入ったのは、昨春のことでした。大変うれしくどちらの方かと思い情報を見たら、母親からの注文でした。ちょっと複雑な気分でした…。

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがでしょうか?

atelier comopti : Tシャツ発送後に、個人的な感想だったり、喜びのお声だったり、応援のメールを下さる方が多くて、非常にうれしいです。そういうメールを読んでいると、やりがいもわいてきます。

一方、大変なのはやはりこの事業を知ってもらうことですね。実店舗が無いせいか、世間に知ってもらうことが本当に難しいと痛感しています。



クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

atelier comopti : 今シーズンの SS (春夏)商品で言えば、プリントグラフィック「santa」です。

 atelier comoptiのブログ: 新グラフィックのご紹介「santa」
 http://ateliercomopti-blog.blogspot.jp/2014/01/blog-post_26.html

ateliercomopti08

 santa
 http://ateliercomopti.com/products/2014ss/014.html

パッと見のキャッチーさは今 SS で一番の作品かと思います。グラフィッカーさんにも何度も修正や微調整をかけてもらった作品としても印象に残っています。

インクを4色使う作品になるのですが版代が高くついているのもそうですし、発注が入るとプリント工場さんは毎回インクを4色調合する手間もあります。1枚のためだけに、時間をかけて作業して下さっているプリント工場さんには頭が上がりません。

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところを教えてください。

atelier comopti : やはり、パターンオーダーというところですね。受動的に既製の商品を買うのではなく、お客様が能動的に商品を企画できる点です。素材に関しても、全国各地から選りすぐったバリエーションには自信があります。ボディスタイル、プリントグラフィックも当然、自信が無いものは出しません。

でも実はアパレル関係者やお客様から最も評価が高いのは、ポケット型とサイズ・位置が選べるカスタム機能だったりはします(笑)。

ateliercomopti07

 random
 http://ateliercomopti.com/products/2014ss/009.html



クラゲ : 自分にとってTシャツとは?

atelier comopti : 最も身近な「外装衣」だと思っています。

T-shirt is the way to express oneself!

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

atelier comopti : 特定のブランドさんでは無いのですが、60~70年代の古着のTシャツには、ハッとするような魅力的なものが多いと思ってます。

ateliercomopti05

 parrot
 http://ateliercomopti.com/products/2014ss/016.html

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

atelier comopti : お客様に他のどのTシャツよりも好んで着続けてくれるようなTシャツを作っていきたいです。そのために、パターンオーダーのカスタム機能や素材、グラフィックを更に充実させていきたいとも思っています。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

atelier comopti : Tシャツにこだわりのある皆様に、少しでもご興味お持ち頂けたら幸いです。今日はありがとうございました。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

atelier comopti : ありがとうございました。

ateliercomopti06

 tomorrow
 http://ateliercomopti.com/products/2014ss/001.html

 



インタビューはこれで終わりです。

アパレル OEM の会社にお勤めされていた頃から趣味でプリントTシャツをつくっていた atelier comopti さん。

Tシャツを購入するときに感じた不満を解決するため、「無いなら事業として立ち上げてしまおう!」と決意してブランドをスタートしました。

人とは違ったこだわりの1枚を手に入れたい方は、色々と選びまくってTシャツをつくってみてはいかがでしょうか?どの組み合わせにしようかと、考え悩む時間も楽しいですよ。

ということで、今回ご協力いただいた「atelier comopti」の公式サイトはコチラ。

 atelier comopti
 http://ateliercomopti.com/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

関連リンク

  atelier comopti
  atelier comopti web shop
  atelier comopti blog
  atelier comopti Twitter (@Tshirts_Tshirts)

関連記事

  自分の嗜好に最適化されたパターンオーダーTシャツがつくれる「atelier comopti」
  組み合わせは1,000通り以上、日本初のパターンオーダーTシャツ「atelier comopti」
  素材×スタイル×グラフィック atelier comoptiのオーダーTシャツ



あわせて読みたい