大自然でTシャツを鑑賞する

東京Tシャツ部を見ていらっしゃる方でしたら、Tシャツは百枚どころか何百枚とお持ちの方も結構いらっしゃるかと思うのですが、百枚を軽く超えるTシャツが一度に「干されている」のを見たことがありますか?


ゴールデンウィークの「高知」と真夏の「帯広」、北と南に分かれていますが同じようなコンセプトのTシャツデザインコンテストが毎年開催されています。応募作品をTシャツにプリントして、「干して展示」するイベントです。

風に吹かれて揺れるTシャツたちが作り出す風景は、ある意味ファンタジーと言って良いかも知れません。日頃のストレスを忘れさせてくれる空間がそこにあります。まして、そのコンテストに参加すると楽しみも倍増です。

コンテストといっても誰でも参加できるイベントなので、高知の「砂浜美術館」のHPを見てみてはいかがでしょうか。

 砂浜美術館 | SEASIDE GALLERY
 http://www.sunabi.com/

ご興味ある方は一度参加してみるとTシャツの楽しみが広がりますよ。

written by Ryo-jin

あわせて読みたい