バンドTシャツは諸刃の剣

夏フェスのときにあるバンドのTシャツを買った。

別にそのバンドが大好きって訳ではない。たまたまデザインが気に入って手にとったところ「それが最後の1枚ですよ」と言われたからだ。(更に売り子のお姉さんが可愛かったという理由もあったんだけど)

そんなTシャツを買ったことも忘れた数ヶ月後、バイト先の飲み会で事件は起こった。宴が進み、暑くなってきたので、なんとなしにパーカーを脱いだ次の瞬間


「あーーーっ!そのTシャツ○○○のやつじゃないですかぁーーー!」

突然、それまでおとなしかった新人の子が、僕のTシャツを見て叫びだしたのである。なんと彼女はそのバンドの大大大大大大大大大…と、「大」が書ききれないほどの大ファンだったのだ。

そのバンドのファンだと思われた僕は彼女に捕まり、飲み会の後半は、そのバンドに対する熱い思いを延々聞かされるはめに。

「ゴメン、俺そのバンドあんまファンじゃないんだ…」なんて事、キラキラしたと目で語る彼女を前にしたら言えません…。

written by いしかわ

あわせて読みたい