第175回目「Tシャツブランドインタビュー」~ 雑貨屋サク編~

第175回目のサイトインタビューは「雑貨屋サク編」です。

雑貨屋サク

 雑貨屋サク
 http://zakka39.ocnk.net/


今回のインタビューは 雑貨屋サク さんです。

埼玉県川越市でうざぎと猫雑貨の店舗を運営しながら、その中でオリジナルのうさぎと猫のTシャツをリリースするブランドさん。

さて、今回はどういうお話が飛び出すのか、お楽しみに。

第175回目「Tシャツサイトインタビュー」~ 雑貨屋サク編~ (2013/11/2 収録)


クラゲ : よろしくお願いします。

雑貨屋サク : よろしくお願いします。

クラゲ : 最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

雑貨屋サク : うさぎと猫のTシャツを作っております「雑貨屋サク」です。埼玉県川越市でうさぎと猫雑貨の店をやっておりまして、その中でコソッと売っております。

雑貨屋サク

【場所】埼玉県川越市連雀町16-5(地図はこちら
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】毎週水曜日。隔週火曜日
【最寄り駅】西武新宿線「本川越駅」より徒歩約8分/JR&東武東上線「川越駅」より徒歩約15分

(⇒サイトはこちら

こう見えてもうさぎ
こう見えてもうさぎ

クラゲ : ブランド名の由来を教えてください。

雑貨屋サク : ウチで飼っていたうさぎちゃんの名前です。何のヒネリも無くてスミマセン…(笑)。

クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

雑貨屋サク : 5年くらい前にうさぎブログ仲間が「うさぎグッズを作ってweb通販で売っちゃおう!」って言っていたので、便乗させてもらったのがきっかけです。

「男が着れるかわいくないうさぎTシャツ」を作ってみたかったんです。それまでTシャツなんて作った事なかったのはナイショのヒミツですが…(笑)

猫冷えてます
猫冷えてます



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

雑貨屋サク : うさぎブログ界ではソコソコ有名でしたので、アップしたらスグに売れました。生まれて初めて作ったTシャツがそのまま売れてしまったので、何だか申し訳ない気分になってしまいました。と、同時にブログやってて良かったなぁ…と(笑)

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

雑貨屋サク : うれしかった事は、街中でウチのTシャツを着てる人を見かけた時ですかね…ウソです。未だかつて見かけた事がございません。買ってくれた人はホントに着てくれているのでしょうか?

うさぎ組
うさぎ組

大変な事はやっぱ売れない事ですかね。最初は物珍しいのもあって売れましたが、今やもう全然サッパリです。今や新作作っても各サイズ2枚しか作りません。5枚、10枚作っても在庫の山を築くだけですから(笑)

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

雑貨屋サク : バイクに乗って田舎の国道を走ってる時ですかねぇ?田舎の国道って空いてるし、信号も無いし、他に考える事もないので、何となく浮かんで来るんですよ。

猫にします?
猫にします?

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

雑貨屋サク : 「我が輩は猫である」Tシャツですが、困った事に全然売れません。ま、自分も恥ずかしくて着てませんが?…(笑)

我が輩は猫である
我が輩は猫である



クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところを教えてください。

雑貨屋サク : 売れてれば出来る自慢の1つでもあるのでしょうが、無いですね。しいてあげれば「生地が丈夫」って事くらいでしょうか?既製品ですが(笑)

クラゲ : 自分にとってTシャツとは?

雑貨屋サク : キャンバスです。絵を描くキャンバスと同じです。ま、描く時はパソコンなんですけどね。

小型兎愛好会
小型兎愛好会

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

雑貨屋サクHabuBox さんでしょうか。何気に一番持ってるTシャツなので…ま、全部貰い物なんですが(笑)

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

雑貨屋サク : 在庫を増やさない事。失敗しない事。手をよく拭く事。よくあるんですよ、手にインクが付いてるのに気付かずTシャツ持っちゃう事が…持った瞬間にネチョっとした感じがじて、アチャー!ですよ。

USA motorcylce
USA motorcylce

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

雑貨屋サク : あんまりパッとしないTシャツばかりですが、是非買ってください、生地が丈夫ですから…って、既製品なんですけどね(笑)

クラゲ : 今日はありがとうございました。

雑貨屋サク : ありがとうございました。

NIKU-Q
NIKU-Q



インタビューはここまでです。

「男が着れるかわいくないうさぎTシャツ」からスタートした雑貨屋サクさん。Tシャツをリリースしたら、最初からスグに売れたのはスゴイです。

今後の目標である「在庫を増やさない事。失敗しない事。手をよく拭く事。」は、Tシャツ屋さんであればご納得される方もいらっしゃるのでは?特にインクがネチョってのは、怖いですね…。

イチオシの「我が輩は猫である」はクラゲもお気に入りです。なんともいえないアングルが最高だなあ。

そんな雑貨屋サクのサイトはこちら。

 ・ 雑貨屋サク
 ・ 雑貨屋サクブログ「そぢん塾」
 ・ 雑貨屋サク twitter(@kabaiiomise)

このインタビューを読んだ後に見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい