第171回目「Tシャツブランドインタビュー」~ Kids graffitti project編

第171回目のサイトインタビューは「Kids graffitti project編」です。

Kids graffitti project

 Kids graffitti project
 http://www.wajin.info/kids_graff/


今回のインタビューは Kids graffitti project さんです。

子供が描いた絵をそのままプリントするプリント屋さん。営利を第一の目的としないこちらのプロジェクトは、どういうキッカケでスタートしたのでしょうか?

さて、今回はどういうお話が飛び出すのか、お楽しみに。

第171回目「Tシャツサイトインタビュー」~ Kids graffitti project編 (2013/9/11 収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

Kids graffitti project (以下:kgp) : よろしくお願いします。

クラゲ : まずプロジェクトのご紹介をお願いします。

kgp : 子供の絵をTシャツにする「Kids graffitti project」と申します。

私たちの Kids graffiti project は、伸び伸びとした子供の未来と、それを支える大人の笑顔、みんなの喜びが、微力ながらも支援を必要とする子供たちの一助となることを目的としたプロジェクトです。

子供の感性は、自由そのもの。それはいずれ、成長と共になくしてしまう宝物のようなもの。そんな宝物を大切にして、そこに大人が手を加えるのではなく、ちょっとだけ世界を広げる手助けをしてあげる。ただの落書きを、Tシャツという別のかたちにしてあげる。その広がりに、子供はきっとわくわくすると思います。

子供の無邪気さを、ありのままに伸ばしてあげる。それが、私たち大人も含めたみんなの笑顔につながれば、こんなに素敵なことはないと思います。

ちなみにプロジェクトの「Kids graffitti project」は、「子供の落書き」という意味です。



クラゲ : 子供の絵だけを専門でプリントするようになったきっかけを教えてください。

kgp : 私の子供が絵を描くのが好きで、これをTシャツにしてあげようかな、という単純なきっかけです。Tシャツを作ってあげたところ、周囲から評判がよく、それならばひとつ仕組みを作ろうかと考えました。

子供の自由な感性は、残念ながら、いつまでも持ち続けていられないのが一般的です。ですから出来るだけ、それを伸ばし広げてあげられることをしたいと考えております。

「子供」にこだわるのは、このプロジェクトが、単にオリジナルのTシャツを作ろうというものではなく、そのような主旨から始まっているものだからです。

クラゲ : プロジェクトを行ってみていかがですか?

kgp : まだ始めたばかりですので、送られてくる原稿を眺め、それをプリントし、Tシャツが完成するだけでも楽しく感じられます。普段自分が作っているTシャツを考えると、尚更そのギャップが面白く感じられます。

また、出来上がった製品を手にされたお客さまの喜びの反応もとても嬉しく、やはり、楽しいことは楽しいこととして連鎖していくのだな、と改めて思います。



クラゲ : 自分にとってTシャツとは?

kgp : これまでは仕事としてしか考えておりませんでしたが、こういう事を始めてみると、自分が世の中と関わるひとつの手札なのだな、と思えます。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

kgp : お子さんが身近におられる方にとっては、とても楽しいことだと思います。是非、多くの方々にご利用いただければと思います。

仕事として取り組んでいることではありませんので、多くの人の笑顔に自分が関わっていけることが目標です。

また、Tシャツ1枚の製作につき、200円をNPO法人「病気の子ども支援ネット 遊びのボランティア」に寄付致します。

「病気の子ども支援ネット 遊びのボランティア」
「病気の子ども支援ネット 遊びのボランティア」

クラゲ : 最後に、東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

kgp : Tシャツに限りませんが、何かを通して、伝える・伝わるものが本質なのだと思います。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

kgp : ありがとうございました。



インタビューはここまでです。

成長と共に消えてしまう子供の感性を、Tシャツという形にして宝物にしてあげるこのプロジェクト。

ご自身のお子さんの絵をTシャツにしたところ評判がよく、そこから広がっていきました。そして、このプロジェクトにより「Tシャツとは世の中と関わる一つの手札」という気づきもありました。

ご興味ある方は、以下からアクセスして詳細ご覧ください。

 Kids graffitti project
 http://www.wajin.info/kids_graff/

このインタビューを読んだ後に見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい