第168回目「Tシャツブランドインタビュー」~ 東北モンスターファクトリー編

第168回目のTシャツブランドインタビューは「東北モンスターファクトリー編」です。

東北モンスターファクトリー

 東北モンスターファクトリー
 http://tmf001.com/


今回のインタビューは 東北モンスターファクトリー さんです。

 東北モンスターファクトリー
 http://tmf001.com/

キャッチフレーズが「親の目を盗んで買いに行く系Tシャツショップ」。これだけでただものじゃない雰囲気が漂ってます。

さて、今回はどういうお話が飛び出すのか、お楽しみに。

第168回目「Tシャツブランドインタビュー」~ 東北モンスターファクトリー編 (2013/7/24 収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

東北モンスターファクトリー(以下東北MF) : よろしくお願いします。

クラゲ : 最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

東北MF東北モンスターファクトリーという shop で主に 「AV 女優」 や 「プロレスラー」 などのTシャツを販売しています。

エマニエル番長
エマニエル番長

クラゲ : ブランド名の由来を教えてください。

東北MF : アメリカのプロレスラー養成所の名前と、私が住んでいるところが東北だったので、これらを掛け合わせてこの名前になりました。



クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

東北MF : きっかけは中学生の頃。Tシャツに「学校なんか行きたくない」とポスターカラーで殴り書きして、初めてTシャツを作りました。それからいろいろとTシャツ作りを調べて今に至ります。

引退女優シリーズ vol.1
引退女優シリーズ vol.1

クラゲ : ネットでTシャツを売りはじめたきっかけを教えてください。

東北MF : 今年(2013年)の6月です。友人となにかやりたくて、だったら好きなTシャツを売ろうと思いました。



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

東北MF : OPEN して1ヶ月くらいでした。一言で言えば「人間不信」です。最初のお客様がかなりのまとめ買いでしたので、デザインがデザインなだけにいたずらじゃないのか?とかなり疑っていました。ただ、メールのやり取りをしているうちに疑いもなくなり、ピンポイントで趣味が合っているお客様でしたね。

得点王
得点王

クラゲ : ネットでTシャツを販売みていかがですか?

東北MF : うれしい時は、Tシャツの反応がよかった時や売れた時です。

大変なことは、友人と2人でデザイン作っていることですね。Tシャツを見ればわかりますが、2人のデザインが全く違います。Tシャツを作るときはお互いにデザインを見せ合うのですが、好きなものが違うためお互い無反応です…。

カマクラの用心棒
カマクラの用心棒



クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えてらっしゃいますか?

東北MF : 好きなものをテーマに作っているので、基本的には考えていません。たまたま思いついたものをTシャツにしています。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

東北MF : 「キララ vs ギララ」と「女流 SEX 十段決定戦」ですね。というのも、自分がこのTシャツが実写化されたら見たいからです。

ギララvsキララ
ギララvsキララ

女流SEX十段決定戦
女流SEX十段決定戦



私の頭の中では、「この場面では、大量のローションを」とか「あいつは目隠し電マで」とか8割実写化されています。大人のシムシティみたいな感じでしょうかね。

クラゲ : 東北モンスターファクトリーさんにとってTシャツとは?

東北MF : やっぱりシムシティみたいな感じですね。Tシャツの中だったら色んなしがらみなしにできますね。頭の中で SOD とエスワンが対抗戦をして、夏目ナナから Rio が足四の字で試合に勝つとか妄想しています。

キラートーアカマ
キラートーアカマ

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

東北MF : 2年間は飽きないで続けたいです。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

東北MF : ぜひ今後とも東北モンスターファクトリーを宜しくお願いします。

スパナガール
スパナガール

クラゲ : 今日はありがとうございました。

東北MF : ありがとうございました。




インタビューはここまでです。

自分の欲しいものが無いからつくった。これに勝る動機はありません。

中学時代、Tシャツに「学校なんか行きたくない」とポスターカラーで殴り書きした初期衝動が昇華して形となったブランド。リリースの作品も初期衝動のパワーあふれるものばかりです。

Tシャツは自分の妄想を形にするシムシティのようなもの、という東北モンスターファクトリーさん。今後の新作がどういうアングルで展開されるのか、非常に楽しみです。

そんな東北モンスターファクトリーのサイトはこちら。

 ・ 東北モンスターファクトリー web shop
 ・ 東北モンスターファクトリーブログ
 ・ 東北モンスターファクトリー facebook

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい