第161回目「Tシャツブランドインタビュー」~ bit of sugar 編

第161回目のTシャツブランドインタビューは「bit of sugar 編」です。

bit of sugarのサイトはこちらです

 bit of sugar
 http://b-o-s.jp/


今回のインタビューは bit of sugar さんです。

 bit of sugar
 http://b-o-s.jp/

見ているだけで可愛らしいオリジナルデザインTシャツをリリースする bit of sugar さん。どうやってデザインを考えてらっしゃるのでしょうか?

さて、今回はどういうお話が飛び出すでしょう?お楽しみに。

第161回目「Tシャツブランドインタビュー」~ bit of sugar 編 (2013/4/15 収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

bit of sugar : よろしくお願いします。

クラゲ : まずブランドの自己紹介をお願いいたします。

bit of sugar : かわいいTシャツ通販のお店「bit of sugar」です。「Enjoy your lovely life!」をブランドコンセプトに、かわいくて甘~いTシャツでにっこり楽しく一日を過ごして頂ければ♪っと、制作、販売しています。

男の子
男の子

クラゲ : ブランド名の由来を教えてください。

bit of sugar : スイーツのように甘さをTシャツで表現して、その甘さを日常にちょっとプラス☆そんな思いで命名しました!かわいいネーミングを付けたと自画自賛してます。



クラゲ : bit of sugar さんがTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

bit of sugar : 若い頃、お付き合いしていた彼女がTシャツをコレクションしていると聞いて、モノ作りが好きだった僕は、オリジナルTシャツをプレゼントしたくてシルクスクリーンのプリント屋で働き始めました。そこでTシャツ作りの楽しさを知りました。「コレ、いいかもぉ!」と、そこからTシャツの創作活動が始まりました。

うさぎ
うさぎ

クラゲ : ネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

bit of sugar : ネットで売り始めたのは2004年。店舗出すには自信がないしお金もない、ネットだと低コストで一歩が踏み出せる。いつやるか?今でしょ!そんな具合で始めました。



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

bit of sugar : それはもう、注文が1件入る毎に近くにいる人とハイタッチ!興奮してその辺を走りまくっていたのを覚えています。

ロックザシュガー
ロックザシュガー

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

bit of sugar : うれしかった事はお客様からお問い合せがあったり、感想のメールなど頂いたりと、ネット販売でもコミュニケーションがうれしいです☆

一方、大変な事はインクなどを手塗りでのせるTシャツが売れた時です。作るのが難しいのでドキッとします。立体感を出す為にインクを厚くのせるのですが、失敗率がそこそこ…。失敗すると当然商品にならないのでTシャツはボツになります。って、商品出しててコレ言っちゃダメですよねぇ www。売れれば当然うれしいんですよ m( _ _ )m

面白い事はこの前、「bit of sugar」のTシャツを前後逆に着ている方をコンビニで見ました。前から見たら首がつまっちゃっててどう見て変だったので爆笑でした!…って、すいません。それ僕の実話でした…。

ドーナツ
ドーナツ

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

bit of sugar : テーマを持って作るのが苦手なので生活の中で目にする物をアイデアにする事が多いです。たまに誰かにあげたい!で、デザインする事もあります。ロケットデザインで作り始めたのにスイーツ系になっちゃった…とかよくある事です。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものを教えてください。

bit of sugar : お気に入りは「女の子Tシャツ」です。

女の子
女の子

なかなか僕みたいなおっちゃんの着こなしは難しいデザインですが、女の子がキラキラティアラをかぶって背面から前面に向かって、てくてく足跡がついています。ほのぼのした雰囲気がキュートなTシャツで、人気のTシャツでもあります☆

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところを教えてください。

bit of sugar : デザインTシャツで世界に貢献出来ればと、サイト内で「bit of sugar ボランティア部」を作って活動しています。お客様のおかげで出来る事なので人と人を繋げる活動が出来ているかなと思っています。

ミイラ
ミイラ

クラゲ : bit of sugar さんにとってTシャツとは?

bit of sugar : これを自分から取ってしまえば何も残りません。それだけ情熱をかけてきました。楽しくて感動もあるけどそれとは逆にストレスもあります。どうやら切っても切れない関係になっております。

クラゲ : bit of sugar さんが気になるTシャツブランドを教えてください。

bit of sugar : 子供服ブランドTシャツの KATCH さんです。かわいらしいTシャツがズキュンときますね!余談ですが店主は格闘技もされててナイス BODY です☆僕と同じくデザインとのギャップが気になります(笑)

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

bit of sugar : シンプルにもっともっとかわいいTシャツを作っていきたいです。世の中にないくらいのインパクトあるTシャツも作りたいですね。これまでのお客様により気に入って頂く事も目標だし、まだ「bit of sugar」の事を知らないお客様との出会いを増やしていきたいです。

ヘッドホン
ヘッドホン

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

bit of sugar : 東京Tシャツ部にお越しの皆さん、はじめまして。bit of sugarの今井と申します。皆さんTシャツはお好きですか?そうでなくても生活には必ずいるモノの一つですよねぇ。そんないつも着ているTシャツでほっこりなってもらおうと一生懸命作っています。「Enjoy your lovely life!」そんな過ごし方が出来るTシャツがbit of sugarにあります☆

クラゲ : 今日はありがとうございました。

bit of sugar : ありがとうございました。

ロケット5ちゃ
ロケット5ちゃ



インタビューはここまでです。

Tシャツを作り始めたきっかけが「お付き合いしていた彼女にオリジナルTシャツをプレゼントしたいから」というのが甘酸っぱいですね。

そして「作るのが難しいインクを厚くのせるTシャツが売れたときは大変」というお答えは、Tシャツブランドをされているかたであれば、きっと「あるある!」と同感されることでしょう。

世界に貢献できることとして活動されている「bit of sugar ボランティア部」がTシャツを通じて出来ることをされてて、スバラシイですね。

今回ご協力いただいた「bit of sugar」の公式サイトはコチラ。

 bit of sugar 公式サイト
 http://b-o-s.jp/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい