日本史をアメカジテイストなTシャツに「ヒストリカルスクール」

今日は「ヒストリカルスクール」をご紹介。

日本史Tシャツの専門店なのですが、驚きなのは、みんな知ってる歴史上の人物がアメカジテイストでデザインされている点。

現在、リリース中のTシャツは以下の3アイテム。

源平の戦いをおなじみのピーナッツパロディでデザインした「源頼朝&源義経」、同じく源平の戦いを可愛くも荒々しくデザインした「倶利伽羅峠の戦い」、戦国時代の織田信長をデザインした「NOBUNAGA」。

どちらのTシャツもどういう解釈でデザインされたかが解説されていて、読んでいるだけで興味深いです。

クラゲお気に入りは「源頼朝&源義経」。日本の歴史アメコミ風デザインというポリシーがもっとも色濃く表現されている1枚かと。

20130407a

公式ブログでブランド立ち上げのきっかけを見てみると、【日本の歴史もののウェアって、あるにはあるのですがなかなか自分のツボに入るものが少なく、「無いのなら作ればいいじゃん」DIY 精神でTシャツ屋を始めました。】とのこと。

皆が知る日本の歴史をヒストリカルスクールテイストを加えることで、非常に新鮮な形にデザインされていて、今後のリリースが楽しみです。

ちなみに、Tシャツではないのですがスウェットで「武蔵坊弁慶カレッジロゴ」、シャンブレーシャツでダースベイダーネタの「伊達政宗」もリリース。こちらも注目です。

(⇒今日紹介した「ヒストリカルスクール」はこちら

クラゲのひとりごと
・ Docomo から iphone が発売か?のニュースみたんだけど、今回も出ないんじゃないの?って思っちゃってます…。

あわせて読みたい