第154回目「Tシャツブランドインタビュー」~ ユーイング編

(2013/01/26 収録)
第154回目のTシャツブランドインタビューは「ユーイング編」です。

ユーイングのサイトはこちらです

 ユーイング
 http://www.youing.jp


今回のインタビューは ユーイング さんです。

 ユーイング
 http://www.youing.jp

創業が1983年創業のユーイングさん。元々ファンシー雑貨のデザインをしていたのにどうしてオリジナルTシャツ制作をするようになったのでしょうか?

さて、今回はどういうお話が飛び出すでしょうか?お楽しみに。

第154回目「Tシャツブランドインタビュー」~ ユーイング編 (2013/1/25 収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

ユーイング : よろしくお願いします。

クラゲ : 最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

ユーイング : 初めまして。Tシャツ工房ユーイングと申します。デザインから印刷まで一貫して手掛ける、オリジナルデザインTシャツ専門店です。ネットショップ以外では観光地向けのお土産Tシャツをメインに仕事をしています。

脱獄囚
脱獄囚

クラゲ : ブランド名「ユーイング」の由来を教えてください。

ユーイング : 仕事をしていく上で『いつまでも遊び心を大切にしたい』という思いから【遊ing】(遊びの進行形)という意味を込めて『ユーイング』という屋号に変更しました。ネットショップではオリジナルというのがわかりやすいように『Tシャツ工房ユーイング』としています。

クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

ユーイング : 創業は昭和58年(1983年)で、当時はファンシー雑貨のデザインをやっていました。1992年新千歳空港ターミナルビルの完成時に、ビル内のショップからTシャツ販売の話をいただきました。数点デザインして販売したところ、想像をはるかに越えた売れ行きで本当にビックリしました。これがきっかけで本格的にTシャツ制作会社を始めてしまいました。



クラゲ : ネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

ユーイング : 宣伝になればいい…という気持ちでホームページを作ったのが2004年、せっかくなので見せるだけじゃなく売ってみようとネットショップも始めました。当時は売り上げはほとんど無いに等しかったです。

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

ユーイング : 一般のお客様に売れたのは、開店して1ヶ月くらいしてからだったと思います。「ウチの店をみつけてくれてありがとう!」と言う気持ちでした。広告など一切やっていないので、偶然の出会いみたいな感じでしょうか。



クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

ユーイング : うれしかった事は「アザラシ」のイラストTシャツを買って下さったお客様から、お礼の手紙と一緒に『アザラシ形の付箋』をいただいた事です。小さい物ですがお客様からのプレゼントは嬉しかったです。

アザラシ
アザラシ

また、「還暦Tシャツ」を同窓会で全員で着たいというご要望があって、胸のワンポイントを校章に変えて作ったこともありました。記念写真にはお揃いの赤いTシャツで…うれしいですね。

還暦Tシャツ
還暦Tシャツ

一方、大変な事はお客様とのコミュニケーションです。基本メールでのやりとりなので、説明不足だったり、行き違いがあったりすることですね。言葉遣いや言い回しに気をつける様にしています。

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

ユーイング : おもしろい物が何でも好きなので、「こんなの着たい」とか「誰かにあげるなら」とか考えながら車外の風景をみたり、夢で浮かんだアイディアをコツコツとメモしています。それとスタッフや友達との日常会話の中からもアイディアが浮かびますね。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

ユーイング : 「旅に出ます」です。ユニークな言葉遊びとQRコードで【オチ】がついている所が気に入っています。

旅に出ます
旅に出ます(QR コードを携帯で撮るとオチが)

あと「ラベンダー花束」「フィッシャーマン」はTシャツを作り始めた頃、当初はまだあまり使われていなかった新しい効果のインクを使用しているので、今でも思い入れがあります。

ラベンダー花束
ラベンダー花束

フィッシャーマン
フィッシャーマン

最近のでは「ダベアーマン札幌編」っていうご当地ヒーローTシャツ(非公式)です。アメコミ調のイラストで、北海道の方言「~だべぁ」から命名しました。うちではハード系ゆるキャラと呼んでます。

ダベアーマン札幌
ダベアーマン札幌

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

ユーイング : アイディアからデザインそしてプリントまで、自社ですべて行っている事です。インクジェットプリントはもちろん、シルク印刷も手刷りなので、一枚一枚味のある仕上がりになっています。

クラゲ : ユーイングさんにとってTシャツとは?

ユーイング : 作る楽しさと、誰かに着てもらう喜びを与えてくれる物です。

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

ユーイング : ハワイの「crazy shirts(クレイジーシャツ)」です。クレイジーシャツの考え方や、デザイン、商品すべて大好きです。観光土産という昔ながらのイメージにとどまらず、新しい物を作って行くのは見習いたい所です。

金運★大吉君
金運★大吉君

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

ユーイング : おもしろTシャツも観光用としてのTシャツも、もっと自由にたくさん作りたいです。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

ユーイング : これからも「遊び心を大切に!」がんばります。「北海道のおもしろTシャツ屋ユーイング」よろしくお願いします!

クラゲ : 今日はありがとうございました。

ユーイング : ありがとうございました。




インタビューはここまでです。

ふとしたきっかけでTシャツを販売してみたら想像を超える売れ行きでビックリしたユーイングさん。

「還暦Tシャツ」を同窓会全員で着たいという要望を受け、ワンポイントを校章に変えて作ったところ、そのおそろいの赤いTシャツを着た記念写真が届いた、っていうエピソードが最高にウレシイですね。みんな喜んで着用しただろうなあ、という光景が目に浮かんできます。

今回ご協力いただいた「ユーイング」の公式サイトはコチラ。

 ユーイング
 http://www.youing.jp

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい