第153回目「Tシャツブランドインタビュー」~ 遊和来堂編

第153回目のTシャツブランドインタビューは「遊和来堂編」です。

遊和来堂のサイトはこちらです

 遊和来堂
 http://yuwakudou.com/


今回のインタビューは 遊和来堂 さんです。

 遊和来堂
 http://yuwakudou.com/

イラストを自分で描くのが大好きでTシャツを作ってみようと思い立った遊和来堂さん。もっと沢山の人に見てもらうためにはじめたネットショップ。はじめてネットショップで売れたときの感想はいかがだったのでしょうか?

さて、今回はどういうお話が飛び出すでしょうか?お楽しみに。

第153回目「Tシャツブランドインタビュー」~ 遊和来堂編 (2013/1/18 収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

遊和来堂 : よろしくお願いします。

クラゲ : 最初にブランドの自己紹介をお願いします。

遊和来堂 : はじめまして、遊和来堂(ゆうわくどう) です。身近なアイテムを通して、着る楽しさや見せる喜びを感じて欲しい。雑貨屋さんでお気に入りのアイテム選ぶように、様々なデザインをご提供出来ればと思っています。

らびDEATH うさぎ ラビット ゾンビ ハンター スカイ
らびDEATH うさぎ ラビット ゾンビ ハンター スカイ

クラゲ : ブランド名の由来を教えてください。

遊和来堂 : 遊和来堂(ゆうわくどう)の「堂」は多くの人が集まる場所を意味しています。その場所に仲間が集まり「遊(あそ)び」「和(なご)む」。そういう意味が込められています。

クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

遊和来堂 : 僕の地元が横浜でして、中華街をぶらぶらしている時にTシャツを扱っているお店が結構多いことに気が付いたんです。あ、中華料理だけじゃないんだって(笑)。でもそれが自然と街の風景に和んでいるんですよね。その時に「あ、Tシャツてすげーな!笑」って思い自分でも作ってみよう!と思ったのがきっかけです。

アダルト ファミコン デイジー
アダルト ファミコン デイジー

クラゲ : ネットでTシャツを売り始めた時期ときっかけを教えてください。

遊和来堂ネットショップをはじめたのは 2012年の12月なんで、このインタビューを受けている時は、まだ2ヶ月しか経っていないんですよ。びっくりです!でもそれ以前に、実は作ったTシャツを手売りしていました。もうとにかく売れない!なかなか売れない!最後の方は自分の仲間達に声をかけ、半ば無理矢理に営業してましたね…。今思えばめちゃくちゃ迷惑だったと思います(笑)もっと沢山の人に知ってもらうにはどうすればいいか?と考えネットショップを始めました。



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

遊和来堂 : ネットショップで売れ始めたのは本当にごくごく最近なんです。もう鼻血出るくらいめちゃくちゃ嬉しかったです!これからもがんばろう!って本気で思いました。

マグロ まぐろ 鮨 パラダイス
マグロ まぐろ 鮨 パラダイス

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

遊和来堂 : そうですね。とにかく最初は初めてだらけで…ショップを作っている時も何をどうすればいいのか全然わからなくて… HTML ってなんぞや!?って人だったので毎日深夜まで泣きながら格闘してました…(笑)



クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

遊和来堂 : ふとした時に浮かんでくるイメージを、携帯電話のメモ帳に保存。その繰り返しです。でも人との会話の中からヒントをもらうことも多いです。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りを教えてください。

遊和来堂 : 特にお気に入りのデザインは『エフェクターシリーズ』ですね。

ロック オーバードライブ
ロック オーバードライブ

ギターデザインのTシャツは沢山見ますけど、他ではエフェクターは無いと思います。でも知っている人が見たら「お!」となります。とっても遊和来堂のコンセプトに近いでんです(笑)

クラゲ : 他のブランドにここは自慢できるというところを教えてください。

遊和来堂 : 様々なデザインと選べるカラーだと思います。注文を受けてから作りますので「売れないからカラーだから扱わない」ということは絶対に無いです。できるだけ自分が気に入った物の中から選んでいただければって思っています。

ミュージック モンスター
ミュージック モンスター

クラゲ : 遊和来堂さんにとってTシャツとは?

遊和来堂 : 生涯を共にすごせる一番身近なファッションアイテムです。

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

遊和来堂 : 断然、北川純さんです。脱ぎTシリーズは衝撃的でした。Tシャツにはこんな使い方もあるんだって(笑)

ザ グレイト ロックンロール
ザ グレイト ロックンロール

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

遊和来堂 : 遊和来堂Tシャツを着ている人を、街で偶然見かける日が来るように頑張ります!

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

遊和来堂 : もし、イラストを自分で書くのが好きな人は、是非Tシャツ作りにチャレンジしてみてください。物作りは日本のパワーの源だと思います。僕のような未経験のショップ素人でも頑張れば出来ますので(笑)。遊和来堂は、こらからもっともっと愛されるブランドになれるように努力してまいります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

遊和来堂 : ありがとうございました。

横浜 045 MIKEY マイキー
横浜 045 MIKEY マイキー




インタビューはここまでです。

深夜まで HTML と格闘しながら作成したネットショップではじめて売れたときには「鼻血が出るくらい嬉しかった」という遊和来堂さん。

「イラストを描くのが好きな人は、是非Tシャツ作りにチャレンジしてみてください」というお言葉には、クラゲも同感です。

今回ご協力いただいた「遊和来堂」の公式サイトはコチラ。

 遊和来堂
 http://yuwakudou.com/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい