第152回目「Tシャツブランドインタビュー」~ Inner Village編 (2013/1/5 収録)

第152回目のTシャツブランドインタビューは「Inner Village編」です。

Inner Villageのサイトはこちらです

 Inner Village
 http://www.inner-village.com/


今回のインタビューは Inner Village さんです。

 Inner Village
 http://www.inner-village.com/

シンプルながら、よく見るとデザインに込められた意味が伝わってくるTシャツをリリースしている Inner Village さん。元々はドロップシッピングで展開されてましたが、結果、自分のTシャツブランドを立ち上げられました。どうしてでしょう?

さて、今回はどういうお話が飛び出すでしょうか?お楽しみに。

第152回目「Tシャツブランドインタビュー」~ Inner Village編 (2013/1/5 収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

Inner Village : よろしくお願いします。

クラゲ : ブランドの自己紹介をお願いいたします。

Inner Village : シンプルでノーマル、ほんの少しのユーモアを持って。シンプルで日常に溶け込み、ほんの少し生活を豊かにしてくれるモノづくりをコンセプトに活動を行っております Inner Village です。

BILLIE JEAN ビリージーン
BILLIE JEAN ビリージーン

クラゲ : 「Inner Village」というブランド名の由来を教えてください。

Inner Village : 名字が中村ですので…。

クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

Inner Village : 絵を描く、写真を撮る等、物を作る、創作する事が好きで楽しそうだなという興味からです。2010年から始めました。最初はデザインを登録するドロップシッピングサイトを利用していましたが、ボディやタグをこうしたい等、色々とこだわりや欲が出てきて、じゃあ全部自分でやろうという事でブランドを作り、サイトを立ち上げました。

SANGUO ZHI 三国志/蜀
SANGUO ZHI 三国志/蜀

クラゲ : 最初にTシャツが売れた時の感想を教えてください。

Inner Village : サイトを立ち上げて1ヶ月程した頃だったと思います。「あっ!おっ!」と、驚きと嬉しさで声をあげた事を覚えています。



クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがでしょうか?

Inner Village : 同じ方が再度注文して下さったり、感想を頂けたり等、触れ合いがあった時はうれしいです。大変な事は、直接商品を見てお話を出来る訳ではありませんので、例えば、サイズや質感等のディテールをお伝えできているかどうか、お客様の顔を見られないという点ですね。

BILLIE JEAN ビリージーン

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えてますか?

Inner Village : 映画を見ていた時、音楽を聴いていた時、または、ふとそれを思い出した時など、こんなのがあったら面白いなと思った物を作りたいと思っています。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

Inner Village : 映画『セブン』のテーマにもなっている、七つの大罪をモチーフにしたTシャツ「SEVEN」です。

SEVEN 七つの大罪
SEVEN 七つの大罪

映画自体が凄く好きという事もありますが、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情である七つの大罪を着て歩くという行為がなんとも可笑しいですし、ちょっぴり怖いからです。

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」という点があれば教えてください。

Inner Village : シンプルですが、長く着て頂ける様、デザインであったり、ボディであったり、細かい所に気を遣っています。



クラゲ : 自分にとってTシャツとは?

Inner Village : その日の気分を決め、その日の気分で決まる、自分プラスワンの何かだと思います。

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

Inner Village : 気になるというよりは好きという事で挙げさせて頂きますが、kippo さん、Graphic Equalizer さんです。モチーフにしているものであったり、そのものが持つメッセージがしっかりと表れていてシンプルだけど尖っているところです。ただ単純に格好良いです。

BILLIE JEAN ビリージーン
BILLIE JEAN ビリージーン

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

Inner Village : Tシャツの数を増やす事です。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

Inner Village : 少しでも気に入って頂けましたらとっても嬉しいです。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

Inner Village : ありがとうございました。




インタビューはここまでです。

ブランド名がお名前の中村さんが由来とは!非常にシンプルですね。

ドロップシッピングに飽きたらずTシャツブランドを立ち上げただけあって、自分の好きなようにボディやタグにこだわっている光景を想像すると、楽しそうな感じが伝わってきます。

自分でやりたくなり、こだわりを詰め込んだTシャツが売れたときの喜びは、本当にうれしいでしょうね。

今回ご協力いただいた「Inner Village」の公式サイトはコチラ。

 Inner Village
 http://www.inner-village.com/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい