第150回目「Tシャツブランドインタビュー」~ kippo (2012/11/29 収録)

第150回目のTシャツブランドインタビューは「kippo 編」です。

kippoのサイトはこちらです

 kippo
 http://www.kippo-kippo.com/


今回のインタビューは kippo さんです。

 kippo
 http://www.kippo-kippo.com/

「欲しいけどないから」が合言葉のブランドさん。映画、音楽等々過去に見聞きしたものを、現在の思いつきでマッシュアップ。そうして出来たTシャツにハズレがあるわけがありません。

さて、今回はどういうお話が飛び出すでしょうか?お楽しみに。

第150回目「Tシャツブランドインタビュー」~ kippo (2012/11/29 収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

kippo : よろしくお願いします。

クラゲ : 最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

kippo : 「kippo」というブランドで映画・音楽等をモチーフとしたTシャツを製作しております。テーマは「自分が欲しいけどないから作った」です。

Electric Rasputin
Electric Rasputin

クラゲ : ブランド名「kippo」の由来を教えてください。

kippo : 「キッポ」は広島の方言で「(古い)傷跡」という意味だそうです。自分の今までの経験・体験の中から好きな物は、それとであった時の衝撃や驚きの「跡」だと思うのでその響きや字面も良いのでブランド名にしました。

Born To Kill
Born To Kill

クラゲ : kippo さんがTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

kippo : 自分が欲しいTシャツが無かったので作ったのがきっかけです。5年ほど前だったとおもいますが、その際に工場発注の最低ロットがあったため何十枚か製作する事になってしまいました。当然、その全てを自分で着る事はできませんので苦肉の策としてオークションサイトにて販売してみたのです。

Tonight,Tonight
Tonight,Tonight

クラゲ : そのTシャツは売れましたか?

kippo : ほとんどアテもなく苦肉の策として始めたネット販売でしたが、多くの方から「欲しかった!」「探していました!」「うれしいです!」等のメッセージを頂いて、自分と同じように欲している人がいるのか!と驚くと共にうれしく思ったのを覚えています。

Joy Re:Vision
Joy Re:Vision

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみて、いかがですか?

kippo : テーマをあまり絞らずに自分の趣味(好きなもの、欲しいもの)を作っているので、そのラインナップの中から気にいってご注文いただけるのが今でもとてもうれしいです。また、良く言えば幅がある、悪く言えば無茶苦茶で節操がないラインナップになっているような気がしているのですが、1人のお客様が複数のTシャツを購入していただけると「同じような趣味の人が喜んでくれたのかな?」とうれしくなります。

「自分で買って気に入ったので、友達にもプレゼントします」といって注文された時などもとてもうれしかったです。

Alex in the Rain ver.2
Alex in the Rain ver.2



クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

kippo : 映画を観たり、昔好きだったモノを思い返したり、ネットサーフィン(死語ですかね?)したり、ぼーっとしている時でしょうか。思いついて自分が欲しいならなるべく作るようにしています。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

kippo : 全て好きなので「特に」というものはありませんが、あえて言えば切っ掛けとなった「Death Records」と「Cow the Elephant」でしょうか。

Death Records
Death Records

Cow the Elephant
Cow the Elephant

クラゲ : kippo さんにとってTシャツとは?

kippo : 自己表現や作品ではありません。アイデアや思いつきの記録に近いかもしれません。自分で着る場合を除き、購入いただいた私の顔も知らない方々の生活の中で使っていただいていることがうれしいです。

クラゲ : kippo さんが気になるTシャツブランドを教えてください。

kippo : 初めてTシャツを作って送られてきた段ボールを見ながら「この量どうしよう…」と途方に暮れてため息をついていた時、たまたまネットで見つけた「グラフィック・イコライザー」を見つけなければ、販売してみようなどとは考えていなかったと思うので「グラフィック・イコライザー(の中の人)」さんには感謝しています。

Zazie in Pari
Zazie in Pari



クラゲ : 今後の目標を教えてください。

kippo : 具体的な目標は新しいTシャツの製作とサイトのリニューアルです。また、ご要望がもう少し高まればベーシックなTシャツ以外のボディも作ってみようかと思っています。また、ココを切っ掛けに、予想もしない繋がりや動きができたらおもしろいなぁと思います。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか

kippo : 気に入っていただけたらご連絡ください。喜びます。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

kippo : ありがとうございました。




インタビューはここまでです。

自分が欲しいけど無かったからデザインしたTシャツを、ネット販売してみたら多くの喜びのメッセージが届いた経験は、読んでいるこちらにもうれしさが伝わってきます。

kippo さんにとってのTシャツとは「アイデアや思いつきの記録に近いかもしれない」という距離感が、デザインに表れていますね。

今回ご協力いただいた「kippo」の公式サイトはコチラ。

 kippo
 http://www.kippo-kippo.com/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい