第132回目「Tシャツブランドインタビュー」~ T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ) 編

第132回目のTシャツブランドインタビューは「T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ) 編」です。

T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)のサイトはこちらです

 T-SHIRTS TRINITY
 http://www.ttrinity.jp/


今回のインタビューは T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ) さんです。

パソコン上でデザインが出来れば、Tシャツのプリント・発送を行ってくれる「ドロップシッピング」サービスを運営するTシャツトリニティさん。

なぜドロップシッピングのサービスを始めることになったのでしょうか?

どういうお話がお伺いできるでしょうか。お楽しみに。

第132回目「Tシャツブランドインタビュー」~ T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ) 編 (2012/3/22収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

T-SHIRTS TRINITY(以下「TRINITY」) : よろしくお願いします。

クラゲ : では、サイトの自己紹介をお願いします。

TRINITY : 「T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)」はデザインTシャツ専門ショッピングモールです。デザインができる人なら誰でも無料で、デザイナーとして出店することができます。現在、プロからアマチュアまで、7,800 名以上のデザイナーの方に出店頂いています。

bone of horse
bone of horse

クラゲ : 「T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)」というサービス名の由来を教えてください。

TRINITY : 「作る人・売る人・買う人」を繋ぐことで、デザイナーの方やお客様に、より新しいTシャツの楽しみ方を提供したいという気持ちから、メイン商材の「T-SHIRTS(Tシャツ)」と三位一体を意味する「TRINITY(トリニティ)」を合わせたサイト名ということで名付けました。



クラゲ : ドロップシッピングのサービスでTシャツを販売しようと思ったきっかけを教えてください。

TRINITY : 前身の会社は、アパレルメーカーさんの商品に大量にプリントするシルクプリント会社でした。しかし、似た様な商品を毎日大量に作ることに疑問を感じていました。ちょうどその頃、インクジェットプリンターが発達して、1枚から商品が作れる様になりました。インクジェットとインターネットを活用すれば、たくさんのデザイナーの方を集めて、直接お客様に多種多様な商品を販売することができるのではないか?というアイディアを思いついたことがサービス開始に至ったきっかけです。そこからサイトオープンしたのは、2006年の11月1日でした。

UWNITE+
UWNITE+

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

TRINITY : はじめてTシャツが売れたのは、サービス開始から9日目でした。最初の制作まで、不安に包まれながら(笑)ひたすらプリンターのテストを繰り返していました。

準備段階から周りにサービス内容を説明しても「そんなの売れるの?」という意見がほとんどでしたので、初めて出荷した時は感慨一入でした。出荷がない間、ひたすら覗いてくれていた佐川急便さんと記念写真を撮りました(笑)。

佐川急便さん(本人)
佐川急便さん(本人)



クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

TRINITY : サイト開設以来、予想以上に順調に運営させて頂いていましたが、3年目位からシステムやサーバーの能力が追い付かなくなり、2010年の10月にリニューアルするまで、サイトの表示速度やデザイン投稿システムの処理速度が落ちて、かなり多くのユーザーの方にご迷惑をお掛けしてしまったことが大変でした。

そして、一番うれしかったことは、リニューアル後、多くのデザイナーの方やユーザーの方に戻ってきて頂き、かなり順調に運営させて頂いていることです。リニューアルしてすぐ、長らくご迷惑をお掛けしていたにも関わらず、「すごく良くなった!」「待ってたよ!」など、多数の励ましの言葉を頂いた時は、目頭が熱くなりました。

made of love
made of love

クラゲ : 他のドロップシッピングサービスと比較して、自慢できるポイントを教えてください。

TRINITY : ご注文商品は、全て社内で責任持って制作・チェック・出荷を行っています。

また、2011年3月より世界最高水準のイスラエル製産業用インクジェットプリンター「Kornit(コーニット)931」を導入して、より発色が良く安定したプリントができる様になりました。他の日本製ガーメントプリンターに比べて、インクの濃さや発色、プリントの強度など優れています。

販売サイトでは、独自のレイティング(☆)や商品レコメンド、トピックなど、膨大な商品から、より楽しく、より早くショッピングを楽しめる様、工夫しています。投稿するとポイントがゲットできてモデル気分が楽しめる、ユーザーフォトサービスもあります。

昨年11月から、モデル事務所とタイアップして、より具体的に商品をイメージして頂ける様、実際の商品を着用したモデルさんの写真の掲載も始めました。

ねこの名前はぐるぐるめがね
ねこの名前はぐるぐるめがね

クラゲ : ご自身サイト内で特にお気に入りのTシャツはどちらですか?

TRINITY : 一押し商品やショップさんは、メールマガジンやブログ、Facebookでご案内していますので、是非、ご覧ください! たくさんありすぎて、今の時点でこれというのが…(笑)。すみません…。

 ・ メールマガジン
 ・ ブログ
 ・ Facebook

Design For Everyday
Design For Everyday

クラゲ : T-SHIRTS TRINITY さんにとってTシャツとは?

TRINITY : お客様やデザイナーの方に、喜んでいただけるモノやコトを提供させて頂ける、私たちにとっては、何よりも大切なものです。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

TRINITY : 作る人・売る人・買う人それぞれの人に、Tシャツトリニティを使って「楽しかった!」「感動した!」と思って頂けるように、「Tシャツを通じて、より多くのお客様とより多くのデザイナーの方を繋げる!」という目的を掘り下げて、当たり前のことをこつこつと積み上げて、より良いサービスを作っていきます。



クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

TRINITY : この度は、東京Tシャツ部様にインタビュー頂いたTシャツトリニティのブランドインタビューをご覧いただき、ありがとうございました。

Tシャツトリニティには、洗練されたものから、お茶を吹きそうなものまで、多種多様なデザインTシャツの宝庫です!是非、一度ご覧ください!また、「我こそは!」と思われるデザイナーの方は、是非、デザイナーとして出店にチャレンジしてみてください!売れた時の報酬をお支払する以外、出店費、運営費は無料です。

今後とも「T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)」をよろしくお願いいたします。

イカすTシャツつくろうぜOi
イカすTシャツつくろうぜOi



インタビューはこれで終わりです。

プリント会社で似た様な商品を毎日大量に作ることに疑問を感じていたところから、スタートしたTシャツトリニティさん。

準備段階から周りにサービス内容を説明しても「そんなの売れるの?」という意見がほとんどな中、初めて売れたときのうれしさは最高でしょうね。(佐川急便さんの写真、修整の下にある顔は笑顔なんですよ)

システムやサーバーの処理能力が落ち、システムリニューアルをした後に「すごく良くなった!」「待ってたよ!」のデザイナーさんの声が入ってきたということで、デザイナーの方から愛されているサービスの証明だなあ、と感じました。

ということで、今回ご協力いただいた「T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)」さんのサイトはコチラ。

 T-SHIRTS TRINITY
 http://www.ttrinity.jp/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい