第131回目「Tシャツブランドインタビュー」~ ねこポッポ 編

第131回目のTシャツブランドインタビューは「ねこポッポ 編」です。

ねこポッポのサイトはこちらです

 ねこポッポ
 http://nekopoppo.shop-pro.jp/


今回のインタビューは ねこポッポ さんです。

猫がテーマのTシャツ屋さん。なんともいえないユルい雰囲気が個人的に大好きでインタビューをお願いいたしました。

どういうお話がお伺いできるか、お楽しみに

第131回目「Tシャツブランドインタビュー」~ ねこポッポ 編 (2012/3/25収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

ねこポッポ : よろしくお願いします。

クラゲ : ブランドの自己紹介をお願いいたします。

ねこポッポ : ねこポッポでは、ちょっと変わった猫の絵のTシャツやランチバッグを販売しています。洗濯物のように干されている猫頭にお花が生えた猫CAT という文字を身体で表現する猫たちなどです。猫のおバカさと気高さと可愛さが絶妙に入り混じったデザインを目指しています。

猫キャラが登場する iPhone アプリも開発中です。衣服だけでなくアプリや Web サービス、シールや缶バッジなど猫的な何かをどんどん作っています。

干しねこ
干しねこ

クラゲ : 「ねこポッポ」というブランド名の由来を教えてください。

ねこポッポ : 語感だけです。ねこがポッポコポッポ



クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

ねこポッポ : すごく生意気なのですが(汗)、着たいと思える猫Tシャツが世の中になかったので自分でそう思えるTシャツを作ろうと思いました。

世の中にたくさん猫Tシャツブランドさんがありそれぞれ魅力的ですが、ブランドごとに猫に対する想いが様々なのでその想いが反映されたデザインになると思います。例えば猫の美しさをデザインするもの、あるいは肉球にフィーチャーするものや、マイペースさを表現したり。

猫は複雑な愛らしさを持つので、様々なその側面をデザインに落とし込むことができます。僕にも僕の猫観というものがあり、それをねこポッポでは表現しているつもりです。

でもまだまだ表現しきれていませんが…。

ねこバス
ねこバス

クラゲ : ネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

ねこポッポ : 3年ほど前に「デザインフェスタ」で手作り漫画を無料で配布していましたが、ある時からTシャツくんで手作りした干し猫Tシャツをなんとなく売り始めたら予想外に売れたので、ラインナップを徐々に増やしていきました。

今では毎回デザインフェスタに出店しています。ネットショップはなんとなくやってましたが、本格的に始めたのは今年(2012年)の2月です。

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

ねこポッポ : 「買う人いるんだ!」という衝撃がありました。

タマコーヒー
タマコーヒー

クラゲ : ネットでTシャツを販売していていかがですか?

ねこポッポ : 「プレゼントした友達が喜んでました!」「会社に着ていったらみんな爆笑してました。」など、お客さんからの感想がやっぱり一番嬉しいです。ご自身で飼っている猫の写真を送ってくれたりする人もいます。

ねこポッポでは「店長配達」というのをやっていて、僕自身がお客さんの家に商品を配達するサービスがあるのですが、配達先の家に猫が2匹いて、たっぷり撫でさせたいただいたのは幸せなひとときでした。



クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

ねこポッポ : ふだんから iPhone のメモ帳に猫やそれ以外のアイデアをメモしています。数か月すると何か使えそうなアイデアが溜まってくるのでそれを組み合わせたり、広げたりして何かを作り始めます。Tシャツの場合もあるし、漫画にすることもあるし、iPhone アプリの開発に生かすこともあります。無理して紙に猫の絵をたくさん書き続けることもたまにします。

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

ねこポッポ : 「ねこ文字ねこTシャツ」が好きです。なんとも言えないおバカさとけなげさが出ているような出てないような…。

ねこ文字ねこ
ねこ文字ねこ

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

ねこポッポ : まだまだ売れてないので自慢はできないのですが、お客さん同士でコミュニケーションが生まれるTシャツが作れたらいいなぁと思っています。「あ、猫が干されてますよ(笑)」とか「ねこ文字ねこのTの下の猫がんばってるね(笑)」とか。特に必ずしも会話が生まれなくてもいいです。「あれなんかこの人変なTシャツ着てる…(笑)」そう心の中で見てる人がつぶやいたり。そうやってねこポッポに関わる人たちが笑ったり明るくなったりしてほしいんです。

クラゲ : ねこポッポさんにとってTシャツとは?

ねこポッポ : いま言ったような、コミュニケーションが生まれるきっかけ作りアイテムです。Tシャツの周りで笑いや温かみが生まれてほしいです。

お花ねこ
お花ねこ

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

ねこポッポ : 「ヴィンテージTシャツ」さんです。ヴィンテージTシャツを扱う web ショップを運営しているのですが、店長の岩渕さんはタイ在住です。Tシャツのデザインが好きだったことと岩渕さんの生活スタイルに憧れて、バンコクで実際にお会いしました。僕もいづれは世界のどこかから世界中に猫Tシャツを発送できるような生活がしたいです。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

ねこポッポ : 国民全員に着てほしいのですが、まだまだ無理なので、着実にデザインを増やすことと実店舗で販売してくれるお店を探していきます。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

ねこポッポ : にゃごにゃごにゃごー!にゃご!にゃごにゃご!にゃご!にゃご~~~~~~!にゃごにゃごにゃごにゃごにゃごっにゃごにゃごごごごにゃごにゃごにゃあにゃごにゃごごにゃごごごにゃあにゃあにゃごにゃごにゃごにゃごにゃごにゃご!にゃ!にゃ!にゃ!にゃ!にゃごごごご!にゃにゃ!(よろしくお願いします)

干しねこランチバッグ
干しねこランチバッグ



インタビューはこれで終わりです。

「着たいと思える猫Tシャツが世の中になかったので自分でそう思えるTシャツを作ろうと思いました」。こういうキッカケでスタートしたTシャツ屋さんにハズレ無しです。猫の大好きっぷりがTシャツに表現されていて、本当に見ているだけでまったりしちゃいます。

店長配達」いいですね。手渡しで配達して、そのときに猫もなでることもできて、一石二鳥ですね。

ということで、今回ご協力いただいた「ねこポッポ」さんのサイトはコチラ。

 ねこポッポ
 http://nekopoppo.shop-pro.jp/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい