第117回目「Tシャツブランドインタビュー」~ RikuT 編

第117回目のTシャツブランドインタビューは「RikuT 編」です。

RikuTのサイトはこちらです

 RikuT
 http://artworks-webshop.ocnk.net/


今回は「RikuT」さんにお話を伺いました。

陸上をモチーフにしたオリジナルTシャツをリリースするブランドさんです。リリースの全てのTシャツが陸上ネタばかりで、陸上好きの方にはたまらないです。

そんな RikuT さんから今回はどのようなお話が伺えますでしょうか?お楽しみに。

第117回目「Tシャツブランドインタビュー」~ RikuT 編 (2011/11/22収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

RikuT : よろしくお願いします。

クラゲ : まず最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

RikuT : ブランド名は「RikuT」で「リクティー」と読みます。(でもリクットと読まれる方も結構いるので、変えようか悩んでます 笑)。陸上競技(マラソン含む)のことだけを考えてデザインしたTシャツを販売しています。

I Love 陸上
I Love 陸上

クラゲ : 「RikuT」というブランド名の由来を教えてください。

RikuT : 「陸上Tシャツ」を省略して「陸T=RikuT」です。

クラゲ : Tシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

RikuT : 高校、大学と陸上部に所属していて、面白いデザインやユーモアのあるものが少なかったので、自分で作ろうと思ったのがきっかけです。

他の理由として、陸上Tシャツの前には普段着として着るためのデザインTシャツショップをやっていましたが、数あるショップの中に埋もれてしまい成果を出すことができなかったんですよね。それで、他のショップと差別化を図るために陸上Tシャツに特化しようと思いました。好きなことだったので、デザインを考えるのも楽しかったです。

陸上ってええなぁ~。
陸上ってええなぁ~。

クラゲ : ネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

RikuT : 2008 年1月にネットショップをオープンしました。きっかけは特にありません。その頃は時間的に余裕があったので、新作とショップ作りに没頭してました。



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

RikuT : オープンの初月に売れました。「売れるのはやっ!」と思いました。そして「買ってくれる人いるんだな~」とも思いました。結構ニヤニヤしたと思います。それまでやっていたデザインTシャツショップよりも反応がとてもよかったので、やっていく自信になりました。

調子どう?
調子どう?

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

RikuT : RikuT は完全受注生産なので、繁忙期は大変です。夜遅くまでガチャガチャプリントしてます。プリントも自分でやってます。あとは集金で困ることがあります。代引きを拒否されたりされる方が稀ですがいます。他には振込がなかったり…。

一方、購入フォームにアンケート欄を設けてまして、そこでデザインに共感いただく声をいただいた時はすごく嬉しいです。また、私自身が陸上を7年間していたので、商品発送の際に陸上に関しての一言添えたりするとお客様からお礼を頂いたり、更には練習内容についての相談をされたこともありました。

色んな障害を越えて強くなりました。
色んな障害を越えて強くなりました。

クラゲ : どういう一言なんですか?

RikuT : 「夏場は給水をしっかりとろう」とか「お風呂上がりにストレッチをしよう」とかですね。陸上経験者にとってはよくある内容かもしれないんですが、改めて言われると自分が怠っていたことを思い出すような内容なんですよ。もちろんこれらは自分の経験上のことです(苦笑)

あと、本当最近ですが、車で街を走っていたら RikuT の「速けりゃええねん、速けりゃ」を着た高校生ぐらいの男の子が走っていまして、これにはめちゃめちゃビックリして感動しましたね。

速けりゃええねん、速けりゃ
速けりゃええねん、速けりゃ

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

RikuT : 過去の経験からがメインで、雑誌などを見ながらひらめいたりします。



クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

RikuT : 「今日は用事があるので早めにゴールします。」ですね。一番面白いコメントだと思っているので。最初に作ったものという思い入れもありますね。私もたまに練習で着るのですがツッコまれます(笑)。

今日は用事があるので早めにゴールします。
今日は用事があるので早めにゴールします。

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?そしてその理由は?

RikuT : 陸上競技のTシャツだけにここまで特化したブランドはない!というところです。

クラゲ : 自分にとってTシャツとは?

RikuT : RikuT の場合ですが「少しでも快適に、楽しく練習ができる練習着」です。

とんでけぇ~!やり投げ編
とんでけぇ~!やり投げ編

クラゲ : RikuT さんが気になるTシャツブランドを教えてください。

RikuT : 他のショップさんのことはあまり知らないんですよ…。ウチはオリジナルTシャツでもちょっと特殊ですよね。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

RikuT : オリジナルでチームオーダーの要望も多いので、応えられるに体制を整えていきたいです。あとはショップに来られた方と継続したコミュニケーションなんかとれたらなぁと思ってます。大会に出て記録の報告だったり、練習の相談場所だったり。あと個人的に陸上選手の似顔絵も描いてるので、WEB に載せたいです。これは自己満ですが(笑)

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

RikuT : マイナーと言われる陸上競技ですが、面白い部分もたくさんあります。是非見てみてください!ランニングも楽しいですよ。着るTシャツには是非 RikuT を!

ビックリするほど絶好調!!
ビックリするほど絶好調!!

クラゲ : 今日はありがとうございました。

RikuT : ありがとうございました。



インタビューはこれで終わりです。

陸上部出身の RikuT さんが自らの経験をTシャツにしているからこそ、これだけの大量のTシャツをリリースできていたんですね。

そして、購入アンケートがきっかけで、お客様と練習内容の相談を行うようにまでなるのは、専門家が運営するブランドならではだなあ、と思いました。

そして、最初は普段着として着るためのTシャツを販売していたけど、他の多くのショップと差別化を図るために陸上Tシャツに「特化した」という点は、ブランド運営の参考になるかもしれませんよ。

ということで、今回ご協力いただいた「RikuT」のサイトはコチラ。

 RikuT
 http://artworks-webshop.ocnk.net/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい