第115回目「Tシャツブランドインタビュー」~ KUMAYA 編

第115回目のTシャツブランドインタビューは「KUMAYA 編」です。

KUMAYAのサイトはこちらです

 KUMAYA
 http://www.kumaya.org/


今回は「KUMAYA」さんにお話を伺いました。

こちらのブランドは、現代美術作家である尾張英之介さんが描くゆるーいくまとぶたのキャラクターのTシャツなのですが…。ん?

そんなKUMAYAさんから今回はどのようなお話が伺えますでしょうか?お楽しみに。

第115回目「Tシャツブランドインタビュー」~ KUMAYA 編 (2011/10/26収録)


クラゲ : 今日は宜しくお願いします。

KUMAYA : よろしくお願いします。

クラゲ : まず最初にブランドの自己紹介をお願いします。

KUMAYA : えーと、はじめまして?かな・・・?「KUMAYA」の運営担当の不破(ふわ)と申します。「KUMAYA」は現代美術作家の「尾張英之介」さんが描くゆるーいくま&ぶたのキャラクターをプリントしたTシャツやロンT、パーカー等を販売するブランドです。

こづれぐま
こづれぐま

…と言う「てい」で運営しておりますが、実際はワタクシ「EVERSOUL」の不破が息抜きに始めたお遊びブランドですw

クラゲ : EVERSOUL さんのブランドだったんですか!ビックリです。「KUMAYA」というブランド名の由来を教えてください。

KUMAYA : とりあえず「ユルいキャラクターブランド」を作ろうと思って、キャラクターと言えばやっぱり動物ですよね。そして動物の中でも比較的描くのが楽な…じゃなくて可愛らしくて人気のある「くま」と「ぶた」に目を付けた訳です。で、くまとぶたのお店だから「KUMAYA&BUTAYA」と、まあそのままですねw



クラゲ : EVERSOUL とは別のブランドの「KUMAYA」でTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

KUMAYA : 既にEVERSOULでTシャツを作ってましたから特にきっかけは無いんですが、どっかのショップのバイヤーに「ファミリー層にウケそうなTシャツ作ってよ」って言われたのがきっかけと言えばきっかけだと思います。EVERSOULでネット販売をしてましたので同じ方法で KUMAYA もいけるかなと思いまして。

つゆだく
つゆだく

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

KUMAYA : オープンして1ヶ月後位かな?先に大阪や東京のジーンズショップに結構卸してたので、実店舗で買ってくれたお客様が検索して探してくれたみたいです。やっぱり嬉しかったですね。

クラゲ : KUMAYA としてネットでTシャツを販売してみていかがですか?

KUMAYA : EVERSOUL と比べて KUMAYA の方は基本的に受注生産なので、納期が安定せず大変でしたね。ボディメーカーの在庫が切れてて代品を探すのに苦労したり…。あとこれだけのデザイン数を1枚からプリントしてくれるプリント工場を探すのが大変でした。工場的にはぶっちゃけほとんど赤字でしょうけど、KUMAYA のファンになってくれて特別にやってくれてる感じです(嬉)

あと、某有名バンドのメンバーの方がファンでいてくれてるらしく、お客さんから「ファンレターと一緒に贈るので」と言った注文もありました。

その他にも六本木で個展やってみたり、芸術誌に取り上げられたりと何か勝手に変な方向へくま&ぶた君が一人歩きしてますね(汗) (参考URL: http://www.eversoul.jp/owari.pdf

テクニシャン
テクニシャン

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

KUMAYA : 特に考えようと思って考えてないので大半がヒラメキと酔った時のノリですね w

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

KUMAYA : くまや で言うと「のうてんき」、ぶたやで言うと「ブルジョワ」ですね。自分で言うのもアレですが、いつまでも見てられると言うか、非常にクオリティの高いイラストだと思いますw 売上的にもトップクラスですね。

のうてんき
のうてんき

ブルジョワ
ブルジョワ

ちなみに1番売れてるのは「いかく」と「ひとみしり」です。

いかく
いかく

ひとみしり
ひとみしり

クラゲ : KUMAYA さんにとってTシャツとは?

KUMAYA : 「KUMAYA」に限って言えば「ストレスの捌け口」と「キャンバス」ですかね。Tシャツと言うよりはイラストと言うか現代アートだと思ってやってます。

クラゲ : KUMAYA さんが気になるTシャツブランドを教えてください。

KUMAYA : うーん。最近あまり他のブランドさんのショップ見れて無いんですが、「伊藤製作所」さんとか昔からずっとブレて無くて好きですね。先日某専門学校で特別講師やったんですが、生徒さんが伊藤製作所さんのTシャツ着てて嫉妬しました w

うらぎり
うらぎり



クラゲ : 今後の目標を教えてください。

KUMAYA : とりあえず今ちょっとお休みしている「KUMAYA」のサイトを再始動する事と、ビレバンとかでくまやの絵本か作品集を売ってみたいですね。目指せ印税収入!って事で誰か出版関係でコネありましたら宜しくお願い致します w

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

KUMAYA : えーと、本当にしょうもないブランドで申し訳無いんですが意外にファンの方が多くここまで続けて来れました。ちょっとでも気になる作品がありましたら是非お買い求め頂ければ幸いです。とりあえずサーバー代と僕のお小遣いが少し稼げる程度に今後とも頑張ります w

クラゲ : 今日はありがとうございました。

KUMAYA : ありがとうございました。



インタビューはこれで終わりです。

謎のブランド KUMAYA さんですが、実は EVERSOUL さんによる別ブランドだったのでした。EVERSOUL さんとは真逆とも言える、ゆるーい雰囲気のデザインですよね。

代表の不破さん曰く「息抜きに始めたお遊びブランドですw」とのことですが、お遊びとはいえ、六本木での個展や芸術誌に取り上げられたりと、活動内容は濃かったりします。

そして、「某有名バンドのメンバーの方がファンでいてくれてるらしく」のバンド名をこっそりお伺いしましてビックリ!恐らく日本人であればほぼ全員が知っているあのバンドだったりします。こちらに書けずに残念です…。

よくTシャツブランドさんから「今やっているデザインとは全く別のテイストでTシャツを出してみたいんですよね」というお話を伺うことがあるのですが、こちらの KUMAYA さんのやり方が非常に参考になるのではないでしょうか?

ということで、今回ご協力いただいた「KUMAYA」のサイトはコチラ。

 KUMAYA
 http://www.kumaya.org/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい