第113回目「Tシャツブランドインタビュー」~ TWT-JAPAN 編

第113回目のTシャツブランドインタビューは「TWT-JAPAN 編」です。

TWT-JAPANのサイトはこちらです

今回は「TWT-JAPAN」さんにお話を伺いました。

 TWT-JAPAN
 http://www.twt-japan.co.jp/


戦国武将をモチーフにしたTシャツを製作販売するブランドさん。会社組織としてオリジナルのTシャツを作成している TWT-JAPAN さんからどういうお話が飛び出すでしょうか?お楽しみに。

第113回目「Tシャツブランドインタビュー」~ TWT-JAPAN 編 (2011/9/27収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

TWT-JAPAN : よろしくお願いします。

クラゲ : まず最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

TWT-JAPAN : 名古屋でオリジナル戦国武将Tシャツ・グッズを企画販売している TWT-JAPAN の福田です。

七つ酢漿草・長宗我部元親Tシャツ
七つ酢漿草・長宗我部元親Tシャツ

クラゲ : ブランド名「TWT-JAPAN」の由来を教えてください。

TWT-JAPAN : TWT-JAPAN は「T.W.T Co.,LTD」という会社にある貿易事業部の名称です。TWT とは「Three World Trade」の略で、世界的に縁起の良い数字3(three)、ゆくゆくは世界に向けて衣食住の3本柱を担う会社になるのが目標で、「TWT」という会社名となっています。その中で、衣食住の「衣」の事業部として「TWT-JAPAN」となりました。



クラゲ : TWT-JAPAN さんがTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

TWT-JAPAN : もともと海外に向けての商品を考えており、皆が着る衣類と言えばTシャツだろうと。海外の日本のイメージとして「日本=侍=戦国武将」ということで、戦国武将Tシャツを作り始めました。また、弊社社長が戦国武将好きだったのも大いに関係しています。

風林火山・武田信玄Tシャツ
風林火山・武田信玄Tシャツ

クラゲ : 現在、海外展開のほうはいかがでしょうか?

TWT-JAPAN : 以前はハワイにも TWT-USA として支店がありましたが、リーマンショックの際に閉めました。いずれまた、海外支店も出したいと考えています。あと、ヨーロッパと中国向けのECサイトにも出品しておりますが、まだ成功しているとは言えない状況です。また南米ブラジルにも知り合いが商品を持っていっておりますが、まだ結果は出ておりません。いずれ海外で展示会など開けたらと考えています。

クラゲ : TWT-JAPAN さんがネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

TWT-JAPAN : TWT-JAPAN が動き出したのが 2005 年の春で、オリジナルTシャツのネット販売を開始したのが 2005 年の夏頃です。

そこから最初にTシャツが売れたのは、2005 年の秋頃です。なんの知識もないままゼロから始めたブランドですので、もちろんネット販売の知識もありませんでした。受注の確認メールを見たときはスタッフ一同大喜びでした (^^)

六連銭・真田幸村Tシャツ
六連銭・真田幸村Tシャツ

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

TWT-JAPAN : 写真の知識もありませんでしたので、サイトの掲載商品がより本物の商品に近づくようにするのが大変でした。また真冬に半袖で鳥肌になりながら撮影したのはいい思い出です(笑)

嬉しかったことは、お客様の声です♪ TWT-JAPAN は現在ネット販売のみですので、直接お客様と顔を合わす機会が少ないのですが、本当にお客様に恵まれており、たくさんのお客様の声を頂いて支えられています。商品発送後に商品レビューのメールも送らせて頂くのですが、メールを送る前に商品の感想や喜びの声を頂くことも数多くあります。お客様の声を読むと、元気を貰えてこれからも頑張ろうと思います!

あとは商品が完成した時です。TWT-JAPAN のデザインは、Tシャツでは本来 NG というデザインも多いです。デザイナーもTシャツへのプリント知識がある訳ではありませんので、プリントできるように修正します。また自分のイメージしているプリント色が出るまで、何度もサンプルを作り直しますので、完成したTシャツは本当に自分の子供のように嬉しいです!

徳川四天王・徳川家康Tシャツ
徳川四天王・徳川家康Tシャツ

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

TWT-JAPAN : 実際に使用されていた戦国武将の家紋、旗印、花押と、戦国武将の逸話からイメージを膨らませてデザインしています。あくまで自分たちがカッコイイと思うものを作るようにしています。



クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのTシャツはどちらですか?

TWT-JAPAN : 「髑髏と蓮・前田慶次Tシャツ第2弾」です。どの商品も愛着があるのですが、完成までに苦労した商品ほど可愛いく思います。髑髏と蓮Tシャツは、デザインが上がってから完成までに2年以上かかりました。

髑髏と蓮・前田慶次Tシャツ第2弾
髑髏と蓮・前田慶次Tシャツ第2弾

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

TWT-JAPAN : 商品の品質は負けません!初期シリーズ(6作品)以降は、「東京Tシャツ部 第100回Tシャツブランドインタビュー」の久米繊維工業さんの協力で、完全日本製にこだわっています。コストはかかりますので、ぱっと見お値段は高いと感じる方もいると思うのですが、肌触りの良さ、しっかりした縫製、プリントの質から、何度もお買い上げ頂いているお客様が多数いらっしゃいます。ワンシーズンで着れなくなるTシャツではなく、長く着れるTシャツとなっています。

クラゲ : 久米繊維様のTシャツを使用するようになったいきさつをお教えいただけますでしょうか?

TWT-JAPAN : 日本の文化を海外に発信したいと思い、日本製のTシャツを探しておりましたところ、老舗の久米繊維工業さんを知りました。初期で採用してボディと比べると原価が倍以上にはなりましたが、実際にサンプルを送ってもらって、商品の肌触りの良さ、しっかりとした耐久性を確認して「このTシャツで作りたい!」と決めました。

江姫・浅井家Tシャツ
江姫・浅井家Tシャツ

クラゲ : TWT-JAPAN さんにとってTシャツとは?

TWT-JAPAN : たかがTシャツされどTシャツ。誰でも本当に気に入ったTシャツを着ると気分が良いと思います。あなたのファッションアイテムにも是非 (^^♪

クラゲ : TWT-JAPAN さんが気になるTシャツブランドを教えてください。

TWT-JAPAN : Tシャツブランドというよりは、同じ戦国ブランドですが「戦国魂さん」と「しょうぶ屋さん」です。両ブランドとも仲良くしていただいています。
もののふさん」も面識はありませんが、現在の歴史ブームが始まる前からあるブランドで、質の良いものを作っているので気になります。

あと、「さん」の商品も好きです。



クラゲ : 今後の目標を教えてください。

TWT-JAPAN : 戦国グッズは今後もいろんなもので展開して行きたいと思いますが、Tシャツはメインの商品として作り続けていきます。そしてTシャツを通して、海外の方にも日本の商品の品質の良さ、戦国武将の甲冑、家紋の美しさ、武士道精神を伝えられたらと思います。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

TWT-JAPAN : これからも時間はかかりますが、自分たちのカッコいいと思うものを作り続けていきます!戦国に興味がない方も一度サイトに遊びに来て下さいませ♪最後までお読み頂きありがとうございました。



インタビューはこれで終わりです。

ネット販売、Tシャツ制作の知識が無い状態からネットショップを立ち上げられた TWT-JAPAN さん。そこから様々なオリジナルTシャツを制作し、Tシャツでは本来 NG というデザインでも何度もサンプルを作って製品化にこぎつける姿勢に「Tシャツ愛」を感じました。

そして商品の品質にこだわりコスト増を覚悟で、久米繊維工業さんのTシャツを使用する姿勢に、こだわりを感じました。

ここまで「愛情」と「こだわり」が籠められたTシャツだからこそ、今後の海外展開が期待ですね。

ということで、今回ご協力いただいた「TWT-JAPAN」のサイトはコチラ。

 TWT-JAPAN
 http://www.twt-japan.co.jp/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい