第109回目「Tシャツブランドインタビュー」~ ダムダムサイコ 編

第109回目のTシャツブランドインタビューは「ダムダムサイコ 編」です。

ダムダムサイコのサイトはこちらです

 ダムダムサイコ
 http://users.catv-mic.ne.jp/~deedee/ddp.html


今回は「ダムダムサイコ」さんにお話を伺いました。

コアなTシャツを大量生産せずにメールの注文のみでオーダーを受け付ける、という謎のTシャツブランド。

すでにご存知の方も、そうじゃない方も。ダムダムサイコというブランドがたっぷりと紹介されるであろう、はじめての場だと思います。

さて、今回はどういうお話が飛び出すでしょうか?お楽しみに。

第109回目「Tシャツブランドインタビュー」~ ダムダムサイコ 編 (2011/9/6収録)


クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

ダムダムサイコ : よろしくお願いします。

クラゲ : ブランドの自己紹介をお願いいたします。

ダムダムサイコ : 「ダムダムサイコ」です。岩手県奥州市水沢区で元グラフィック・デザイナー、現カフェバー経営の僕が「思いつきと思い込み」で製作しております。

「ナンセンス」Teeシャツ。世を憂いながらも「でも、やるんだよ!」の気持ちで製作。
「ナンセンス」Teeシャツ (世を憂いながらも「でも、やるんだよ!」の気持ちで製作)

クラゲ : 「ダムダムサイコ」というブランド名の由来を教えてください。

ダムダムサイコ : 当初は通販サイトの名前だったんですが、ソレ自体がブランド名になりました。「死ね死ね団」的な、どこか不謹慎の臭いがする繰り返し言葉を考えていた際に、好きなパンクバンド「ダムド(Damned)」の「Damn」を繰り返す事に。そこに「精神異常」を意味する「サイコ」をくっつけ、「くそっ!死ねっ!○○○○」という意味と、建造物としての「ダム」の意で「ダム、ダム、最高!」という自己満足たっぷりの名前をつけました。

クラゲ : ダムダムサイコさんがTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

ダムダムサイコ : 僕は生業がカフェバーの経営なんですが、カウンターで常連諸氏との会話から派生して形にしてみたのが最初です。酔った席での冗談を冗談で終わらせるにはもったいないと思ったものですから。

DeeDee’s Cafe/ディーディーズカフェ

【住所】岩手県奥州市水沢区横町206
【電話】0197-23-4666
【営業時間】11:00-24:00
【定休日】木曜日

1997年創業の DeeDee’s Cafe は退屈な日常に飽き飽きした人、年齢、性別,業種を越えた交流を応援する店です。昼間はカフェ、夜はカクテル豊富なバーとして営業しております。チョッピリ偏った嗜好のマスターがみなさんのお越しをお待ちしております。

https://www.facebook.com/deedeescafe

ダムダムサイコTeeシャツを着用の常連が集うカウンター
ダムダムサイコTeeシャツを着用の常連が集うカウンター

クラゲ : その時に作ったTシャツは、常連の方だけではなく、一般にも販売されたんですか?

ダムダムサイコ : 最初に製作したTシャツは身近な人への販売で売り切れてしまいましたが、これを契機にプリント枚数を増やしたのも事実です。




クラゲ : ネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

ダムダムサイコ : 通販サイトを始めたのが 1999 年です。当初は RatFink やロック・パンクTシャツやグッズを扱っていたんですが、何かこうバカバカしさが足りないと思いまして、カフェバーの常連さん達とのチームTシャツの意味合いもあって製作しました。

DeeDee's Cafeの13周年に製作のRAMONES風デザインのTシャツ
DeeDee’s Cafeの13周年に製作のRAMONES風デザインのTシャツ

クラゲ : その1999年に作った最初のTシャツはどのようなデザインでしたか?もし覚えてましたら、教えてください。

ダムダムサイコ : 背中に「Innovate or Die」(革新か死)とプリントされたものです。これはその後のTシャツにも度々登場するダムダムサイコのモットーみたいなものですね。常に自分に言い聞かせてます。

「Innovate or Die」(革新か死)Tシャツ
「Innovate or Die」(革新か死)Tシャツ

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの感想を教えてください。

ダムダムサイコ : 毎度店の常連諸氏にはお買い上げいただいているんですが、まったく交流の無い県外の女性からオーダーが入った時には嬉しい反面、岩手のカフェバーの冗談に付き合ってもらってる気がして申し訳ない気持ちもありました。

クラゲ : その時の女性はどういうルートでダムダムサイコさんのサイトにいらしたのか、お分かりになりましたら教えてくださいませ。

ダムダムサイコ : おそらく検索エンジン経由だと思うのですが不明です。愛用していただけたのか、周りの反応はどうだったのか気になります。

野良猫軍団 Teeシャツ
野良猫軍団 Teeシャツ

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみて、いかがでしょうか?

ダムダムサイコ : 基本的に在庫する事が怖いので一度に大量生産できないのが悩みです。ビビって数量の読みを間違えると早々に在庫切れの事態に・・・。最近では口コミでウチのTシャツの事を知って注文してくださる方が増えてきました。ネットで売れるのは良いんですが、人づてに評判が伝わっていくのも嬉しいですね。



クラゲ : 現在ネット上でダムダムサイコさんのTシャツを購入できるところはありますでしょうか?

ダムダムサイコ : 現在通信販売はメールでのみ対応させていただいております。ダムダムサイコのページからリンクしておりますのでよろしくお願いします。その都度最新の商品写真をアップしておりますが、最新情報は Facebook ページmixi ページがいち早く報告されますので、是非とも「いいね!」でお仲間になっていただくのがよろしいかと思われます。

DeeDee's Cafe 14 周年記念Teeシャツ
DeeDee’s Cafe 14 周年記念Teeシャツ

クラゲ : 過去にリリースしたTシャツのタイトルを教えていただけますでしょうか?

ダムダムサイコ : 「ワールドフェイマス」「ベサメムーチョ」「野良猫軍団」「暴走軍団」「ナンセンス」「ぶっ飛ばせ」「サイバーパンク」などなどですね。

クラゲ : Tシャツのアイデアはどのように考えてますか?

ダムダムサイコ : カフェバーでの常連諸氏との他愛も無い会話であったり、夢中になって見ている古い日本映画やホラー映画、日頃聴いてる音楽がアイデアの素になってます。ウッカリするとメンズライクなものに走りがちなので、女性でも気軽に着られるように意識する場合も少々。このバランス感覚はいまだに微妙です(笑)

14周年Teeと蘇民祭Teeのバックショット
14周年Teeと蘇民祭Teeのバックショット

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

ダムダムサイコ : 最も売れたTシャツと自分の一番お気に入りは違うんですが、2011 年の春に製作したカフェバー「DeeDee’s Cafe」の 14 周年を記念するTシャツです。ダムダムサイコとのWネームなんですが、震災の復興も意味するデザインになってますので、他のTシャツとはまた違った思い入れがあります。

DeeDee's Cafe 14 周年記念Teeシャツ
DeeDee’s Cafe 14 周年記念Teeシャツ

クラゲ : ダムダムサイコさんにとってTシャツとは?

ダムダムサイコ : メッセージ性の無いTシャツは物足りないし着る意味が無いと思ってます。ただストレートに表現するのも気恥ずかしいのでチョットひねったモノが好みですね。

クラゲ : ダムダムサイコさんが気になるTシャツブランドを教えてください。

ダムダムサイコ : ボクは影響されやすい質なので、他のブランドさんのデザインをなるべく見ないようにしてるんですが、そんな中でも気になるのは「ハードコアチョコレート」さんでしょうか。アソコまで強烈な男臭さ(良い意味で)には憧れます。どこか趣味やテイストが通底してる気がしますが、あの表現力には敵いません。尊敬してます!



クラゲ : 今後の目標を教えてください。

ダムダムサイコ : 地元のお寺での裸祭りに参加した際に、仲間同士で勝手に作ったお寺のファンTシャツが評判だったので、一般発売に向けて計画しております。こういった異業種との交流が増えていったら面白いですね。

ポスター騒動で有名になった黒石寺蘇民祭のTeeシャツを製作
ポスター騒動で有名になった黒石寺蘇民祭のTeeシャツを製作

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

ダムダムサイコ : 他のブランドさんと違って大量生産できないし、カフェバーとの二足のわらじでは様々なイベントにも参加出来ないのでマイナー路線まっしぐらですが、そろそろ本気を出していきたいと思いますのでご注目ください。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

ダムダムサイコ : ありがとうございました。



インタビューはこれで終わりです。

酔った席での冗談を冗談で終わらせるにはもったいない、から始まったTシャツ制作なのですが、ネット上での活動を大きくは行っていないにも関わらず、口コミで評判が広がって注文されることが増えてきたという、ステキなブランドさんです。

ということで、このインタビューで気になった方はFacebook ページmixi ページをチェックです。すべてのTシャツが限定生産なので、販売しているときに買わないと二度と手に入らないですよ。

ということで、今回ご協力いただいた「ダムダムサイコ」のサイトはコチラ。

 ダムダムサイコ
 http://users.catv-mic.ne.jp/~deedee/ddp.html

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい