第86回目「Tシャツブランドインタビュー」~ あほんだら同盟編

第86回目のTシャツブランドインタビューは「あほんだら同盟 編」です。

あほんだら同盟のサイトはこちらです

 あほんだら同盟
 http://www.ahondara.net/


今回のインタビューは あほんだら同盟 さんです。

強烈な個性のTシャツを販売しているサイトを見た瞬間、「あ、これはインタビューしないと」と思ってすぐにインタビュー依頼のメールを出し、実現しました。

ということで、どういうお話が伺えますでしょうか?お楽しみに。

第86回目「Tシャツブランドインタビュー」~ あほんだら同盟 編 (2011/2/14収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

あほんだら同盟 : よろしくお願いします。

クラゲ : まず最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

あほんだら同盟 : 我が「あほんだら同盟」は人生を太く短くたくましく生きる事を念頭に、日頃から「阿呆道哲学」に基づいた厳しい鍛錬を重ねている同志達の集いです。現在、「同盟」の構成員は代表の私と、私の「右腕」とも言うべき腹心の部下の二人で活動しています。

あほんだら同盟

クラゲ : ブランド名「あほんだら同盟」の由来を教えてください。

あほんだら同盟 : 以前「ほんの少しだけ」ですが、右寄りな活動をしてまして、「右」っぽいけど面白そうなネーミングを模索した結果、この名前に行きつきました。



クラゲ : オリジナルTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

あほんだら同盟 : 実は最初はツナギが作りたくて始めたのですが、当初、「勢い」だけで制作したツナギは完全に失敗作と相成りまして、「試しにTシャツ作ってみよう」という感じになりました。

当初制作したツナギ(原価1着 約3,000円)は結局フリーマーケットで1着200円でさばく羽目に…。かるく70万ほど無駄にしました。きゃっ!(●^o^●)

あほんだら同盟

クラゲ : ネットでTシャツを売り始めた時期のは、いつからですか?

あほんだら同盟 : まだ1年位です。きっかけは上記のとおりでございます。もうっ!そんなこと聞いちゃイヤっ!!! (^O^)/

クラゲ : 最初にTシャツが売れたときの気持ちを教えてください。

あほんだら同盟 : ハッキリ言いましょう!!! 今のとこネットでは全く売れてないです!!!!! 去年7月の「Tシャツ・ラブ・サミット」に初参戦しましたがその時売れたのが最初で「ホッとした」と言うのが正直な気持ちです。そのとき、結局売れたのは3枚。まぁ売れただけヨシとしましょう!

阿呆道理Tシャツ「糞にまみれた君と僕」

クラゲ : ネットでTシャツを販売みていかがですか?

あほんだら同盟 : なんせネットじゃまだ売れてないんで嬉しい事はなぁ~んも無いです!!<(`^´)> とりあえず「何故かは分からないケド」大変って感じです。

「面白いエピソード」としては、最初は「金を稼ぐつもり」で始めたネットショップですが、恐ろしいスピードで金が「サヨナラ」を私に告げてきます。誰か私を助けてくりすたるきんぐ。\(~o~)/



クラゲ : Tシャツアイデアはどのように考えてらっしゃるのですか?

あほんだら同盟 : 我が同盟のTシャツは見ていただければ分かると思いますが「デザイン」なんてものは最初からありゃしません。「なんかいい言葉が思いついた時」、うむ、コレです。<(`^´)>

阿呆道理念Tシャツ「阿呆達の生き様」

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りの1枚を教えてください。

あほんだら同盟 : 「阿呆道式風来坊Tシャツ」です。採算を考えずにとりあえず金かけて作っちゃいました!とりあえずカッチョええかな?とは思ってます。

「阿呆道式風来坊Tシャツ」表面

「阿呆道式風来坊Tシャツ」裏面

「阿呆道式風来坊Tシャツ」刺繍部

無論、これもまだ1枚も売れてないということで、「同盟」はすでに「虫の息」ってヤツです。\(◎o◎)/!

クラゲ : あと、サイトを見ていて気になったのが、「店舗車両」なんですが、こちらについて解説いただいてもよろしいでしょうか?

あほんだら同盟 : 「店舗車両」ですが、元々は2台とも単なる自分のマイカーとして購入した車で、ホームページに載っている通り、2台ともロシア製自動車のUAZ(ワズ)と言います。

あほんだら同盟店舗車両

あほんだら同盟店舗車両 UAZトラック 阿呆道1号「トロイカ」

あほんだら同盟店舗車両 UAZトラック 阿呆道2号「ナターシャ」

元々車には全く興味の無かった私ですが、この車には完全に「一目惚れ」をしてしまい
気が付いたら2台も買ってしまってました…。一見、古くさそうですがどちらも「新車」で購入したものです。

しかしさすがにロシア製…。どこもかしこも造りが「テキトー」で、あっちこっち直しまくり2台合わせて50万以上修理費がかかりました。ハッキリ言ってコイツらのおかげで私の生活は苦しい限りです。こんなに苦しんでる私を助けるために皆様どうか我が同盟の「阿呆道Tシャツ」を買ってくりすたるきんぐ($・・)/~~~

片方手放すだけで生活はだいぶ楽にはなるのですが、ただコイツらには他の車には無い「宣伝効果」っちゅ~もんがあります。
ちっくしょ~ぉ!!! 一体何枚Tシャツ売ったらコイツらにかけた金は取り戻せるんだっ!!!
クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

あほんだら同盟 : 「他に無い!!!」、コレに尽きるでしょう!!! 。「迫力」でいえば世界有数であると考えている私です。



クラゲ : あほんだら同盟さんにとってTシャツとは?

あほんだら同盟 : う~ん、それは難しい質問です。その質問の答えはあと20年だけ時間を下さい。

風来坊Tシャツ・赤半「国会にションベン」

クラゲ : あほんだら同盟さんが気になるTシャツブランドを教えてください。

あほんだら同盟 : その質問はなんだか「悔しい気分」になるのでどうか聞かないでくださいませ。「あのブランドは素晴らしい!」と素直に言える大人にはなれずにここまで成長した私です。恥ずかしい。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

あほんだら同盟 : 「ちょっとした有名人」にでもなれればいいかなぁ~。無論、良い意味で!!(^-^)

阿呆太郎Tシャツ

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

あほんだら同盟 : コレをご覧の皆様だけに今回は特別に我が同盟の商品を全てオール 0.1% 引きにしましょう!!! 買ってくれなきゃウンコするぞっ!!! (^O^)



インタビューはこれで終わりです。

一時期「バカ系」と呼ばれるTシャツが流行りました。じゃ、あほんだら同盟さんは「アホ系」かもしれませんが、画面を通じて伝わってくるTシャツからのパワーを感じると、アホ系ってくくりじゃないなあ、と思いました。

クラゲの予想を超えた「迫力」と「他にないオリジナリティ」を感じまくったので、是非皆様に他のTシャツを見ていただきたいです。

ということで、今回ご協力いただいた「あほんだら同盟」のサイトはコチラ

 あほんだら同盟
 http://www.ahondara.net/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい