第80回目「Tシャツブランドインタビュー」~ heavytees.jp 編

第80回目のTシャツブランドインタビューは「heavytees.jp 編」です。

heavytees.jpのサイトはこちらです

 heavytees.jp
 http://heavytees.jp/


今回のインタビューは heavytees.jp さんです。

アメリカで販売されているTシャツ「Heavy Rotation」を、日本で販売しているショップさんです。今日はスタッフの めがね店長 さんにお話を伺いました。

どういうお話が飛び出すか、お楽しみに。

第80回目「Tシャツブランドインタビュー」~ heavytees.jp 編 (2011/1/13収録)

クラゲ : よろしくお願いします。では、まず最初に SHOP の自己紹介をお願いします。

めがね店長 : こんにちは heavytees.jp の、めがね店長です。よろしくお願いします。私たちはアメリカから Heavy Rotation の直接輸入をしてます。

heavytees.jp

Heavy Rotation のデザインは音楽にちなんだのものが多くリリースされています。また「自転車のサドルが自分の髭」や「鯉のぼりを凧揚げのようにあげていたり」など、時にかなりシュールなテイストだったりもします。

Handlebar

Go Fly A Kite #2

BeardedTapes

毎回シーズンごとに面白いデザインがリリースされるのが特徴です。そして、Tシャツのボディはシーズンによって型やステッチが工夫されていたりします。

クラゲ : ショップ名「heavytees.jp」の由来を教えてください。

めがね店長 : 凄いありきたりなんですが Heavy Rotation のTシャツを取り扱うところから「heavytees.jp」としました!

クラゲ : heavytees.jp さんがネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

めがね店長 : 2008年、San Francisco のセレクトショップで Heavy Rotation のTシャツに出会い、一目ぼれしました。しかし、現金がなく一枚も購入することができなかったんです。

Bike Window

帰国してからオンラインショッピングで購入しようと思い、問い合わせたところ、「小売はできないけど卸すことはできるよ」と連絡があったので、それなら「このステキなTシャツを皆にも知ってもらおうと!」思ったのがきっかけです。

そして Heavy Rotation のブランドポリシーに共感したのもありますね。

Heavy Rotationのマニフェスト

●私たちはTシャツが大好きです。そして、目標は世界中の人々に最高のTシャツを供給することです。これは、簡単なことではありません。

●Heavy Rotation(ヘビーローテーション)の制作しているすべてのTシャツには、信頼、革新、品質が主要素として含まれています。

●Heavy Rotation(ヘビーローテーション)は信頼を守ります。

 Heavy Rotation T-shirtsについて
 http://heavytees.jp/content/HR/



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときのことを覚えてますか?

めがね店長 : 友達に紹介したらすごく気にいってくれて、その友達がまた友達に紹介してくれてどんどん周りから売れていきました!

オンラインショップから初めてご購入頂いたお客様はオープンして1ヶ月くらいでした。メールを確認して、ドキドキしました。「受注完了しました」メールを送るときに何度も何度も確認して、なかなか送信できませんでしたね(笑)

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみて、いかがですか?

めがね店長 : 今年意識したいのは「プライシング」です、色んな人に提供したいので、価格はなるべくリーズナブルになるよう目指してます。もっと大量に輸入できたらコストダウンできるんでしょうが…。

StripedForest

うれしかった事は、私達と同じように Heavy Rotation と言うブランドを知っている方がいて、その方がずっと探してうちにたどり着いて感激してくれた事です!

クラゲ : ショップ内で販売しているTシャツの中で特にお気に入りの1枚を教えてください。

めがね店長 : 「Windy jackalope」が、Tシャツのやわらかさとデザインの発想が憎いんです。

Windy jackalope

ウサギにツノが生えているジャッカロープという UMAが モチーフです。首の肉々しい感じが大好き。また、生えているツノに家があって、よーく見ると、その玄関に人が立っているんですよ。意外に細かいですよね。



クラゲ : 自分のショップが「ここは自慢できる」というところを教えてください。

めがね店長 : これほど多種類の Heavy Rotation のTシャツを揃えているのは現在私たちだけです!

heavytees.jp

クラゲ : heavytees.jp さんにとってTシャツとは?

めがね店長 : 気をつかわずに毎日一緒にやんちゃできる友達…。お気に入りのTシャツだとちょっと心強いです。うーん、なんかありきたりの答えでちょっと、悔しいですね。なにかもっと良い答えがあれば…。

PaisleyPeacock#2

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

めがね店長 : 「Threadless」です。それぞれのTシャツのデザインもいいですが、Tシャツをソーシャルな媒体にしているところが素晴らしいと思います。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

めがね店長 : リアルでお店を展開したいです。たくさんの人に実際に手にとって触って見てもらいたいです。また、ひとつひとつのTシャツを自作ではありますが動画で紹介できるようにしたいと思ってます。より皆様に Heavy Rotation Tシャツのよさを伝えていけたらと思います。

UnderTheStars

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

めがね店長 : もっとみなさんに HEAVY ROTATION のステキさを知ってもらえるように頑張ります。今後とも、ヘビーローテーションをよろしくお願いします。



インタビューはこれで終わりです。

サンフランシスコで見たTシャツに一目ぼれして、それがきっかけで日本でのTシャツ販売を行うことになったエピソードは、Tシャツ愛あふれるエピソードでステキですね。

クラゲもサイトを見て気に入ってしまい、その場で2枚Tシャツを購入してしまいました。独特の世界観のグラフィックに、着心地のいい肌触りで去年の夏は着まくってましたよ。ということで、強くオススメします。

ということで、今回ご協力いただいた「heavytees.jp」のサイトはコチラ

 heavytees.jp
 http://heavytees.jp/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい