第74回目「Tシャツブランドインタビュー」~TERROR FACTORY編

第74回目のTシャツブランドインタビューは「TERROR FACTORY編」です。

TERROR FACTORYのサイトはこちらです

 TERROR FACTORY
 http://www.terrorfactory.net/


今回のインタビューは TERROR FACTORY さんです。

様々な映画・音楽・漫画からピックアップした独特の題材をモチーフにしたこちらのブランドさん。好きな方はとことん好きであろうTERROR FACTORYの誕生秘話からブランドの世界観について語っていただきました。

第74回目「Tシャツブランドインタビュー」~TERROR FACTORY編 (2010/9/7収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

TERROR FACTORY : よろしくお願いします。

クラゲ : では最初にブランドの自己紹介をお願いします。

TERROR FACTORY : 「TERROR FACTORY(テロ・ファクトリー)」という屋号で、ホラー、カルト、バイオレンス、アクション映画とシリアル・キラーを主題にコクのあるTシャツを販売しています。

クラゲ : TERROR FACTORY というブランド名の由来を教えてください。

TERROR FACTORY : 最初にロゴありきで、バンド「FEAR FACTORY」のロゴみたいに「F」が対になったロゴを作りたかったのですが、Fで始まる語呂のいい単語が見つからず、好きな単語「TERROR」とくっつけました。恐怖工場という意味は無いです。

フルカラープリント第一弾「DEATH RACE 2010」
DEATH RACE 2010

クラゲ : TERROR FACTORYさんがTシャツを作り始めたきっかけを教えてください。

TERROR FACTORY : 最初、活動再開する赤犬の Vo.ロビンさんと始めたのですが、当時、買うTシャツが被り、ストックが増え続けてきたので「いっそのこと自分たちで作ってしまおう」ということになりました。

クラゲ : その時にはどのようなTシャツを作ったんですか?

TERROR FACTORY : 「シン・シティ」を観たばかりで、大阪の「新世界」Tシャツを作りました。「SIN CITY」で「SIN SEKAI」。限定で大阪の有名なホームレスをプリントしたバージョンも含めてオンラインショップで販売しました。

Sin Sekai Tシャツ
Sin Sekai

クラゲ : そちらのTシャツの売れ行きはいかがでした?

TERROR FACTORY : 作った数が少なっかったこともあるのですが、即完しました!このときの感想は「やればできる!」に尽きます。後に「でもやるんだよ」となるのですが…。

クラゲ : そこから本格的にネットでTシャツを売り始めた時期ときっかけを教えてください。

TERROR FACTORY : 2006年から、売るノウハウがなかったので宣伝も兼ねてドメインを取りました。当時、サラリーマンだったので、ネットだけなら運営していけるかなと軽い気持ちでスタートしました。

火の鳥(c)Tezuka Productions「KARMA CHAPTER」
火の鳥(c)Tezuka Productions「KARMA CHAPTER」



クラゲ : 最初にTシャツが売れたときはいつでしたか?

TERROR FACTORY : サイトを公開してすぐに注文頂きました。友人等も購入してくれました。少量ですがすぐに売り切れたので「もしかしてイケるかも?」と勘違いしてしまいました。

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

TERROR FACTORY : うれしいのは、やっぱり、街で着ている人を見かけた時です。特にライブハウスや映画館での遭遇率が高いです。チャールズ・マンソンのTシャツを購入されたお客さんから「外国人にイヤな顔された、注意された」という報告を多数頂いてます。いい話です。

HELTER SKELTER Tシャツ
HELTER SKELTER

一方、大変なのは在庫です。販売するまで読めないので、これは売れる!と思ったものが売れなかったり、その逆があったり、なかなか在庫が減らない商品はストレスです。

クラゲ : Tシャツアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

TERROR FACTORY : 好きな映画のパンフレットやポスター、興味のある殺人鬼の関連本をひたすら眺めます。あとは呑みながら「この映画、あのアルバムジャケットっぽく出来ないか」という無駄話を延々と続けます。翌日、覚えていれば商品化となります。



クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

TERROR FACTORY : 「悪魔のいけにえ」DVD発売の時に作らせて頂いたTシャツ(悪魔のいけにえDVD発売記念Tシャツ)です。世界で一番好きな映画に関われただけで充分なんですが、これをきっかけに映画のキャンペーン、タイアップの機会も増えました。作りっきりで増刷できないんですが、未だにお問い合わせ頂いてます。

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

TERROR FACTORY : シリアル・キラーを取り扱ってるところでしょうか。映画、音楽は、他ブランドさんもやってらして、ネタ自体被ることもあると思うんですが、シリアル・キラーに関しては、海外にはファンクラブのようなものも多いのに、他所が手を出さないということで差別化出来ていると思います。あとは価格。

MONSTERHEAD
MONSTERHEAD

クラゲ : TERROR FACTORYさんが気になるTシャツブランドを教えてください。

TERROR FACTORY : バンバンビガロさん、スーパーレスキュウさんは、ブランドとしてもうTシャツの範疇超えてると思います。どちらも一目見たら、そのブランドだと分かるというのが凄いと思います。MONDO GROTTESCOさんは、取り扱ってらっしゃるネタもデザインも目が離せません。



クラゲ : TERROR FACTORYさんにとってTシャツとは?

TERROR FACTORY : 映画、音楽、漫画とか好きなものとの架け橋ですかね。どのジャンルにも進むことが出来なっかので、今後も何らかの形で関われたらいいと思います。

妖怪人間ベム(C)ADK「BUGEYED MONSTER」
妖怪人間ベム(C)ADK「BUGEYED MONSTER」

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

TERROR FACTORY : 時代の流れに逆行してるかもしれませんが、実店舗かギャラリーを準備中です。今までネット中心に運営してきましたが、実際に商品見てもらえる場所を作る予定です。

クラゲ : 東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

TERROR FACTORY : 今まで、あまり他のブランドさんと交流とか無かったのですが、今後は機会があれば販売イベントなどにも参加していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。



インタビューはこれで終わりです。

クラゲの持論として「着たいTシャツを自分で作るブランドにハズレなし」というのがあるのですが、TERROR FACTORYさんもモチーフへの好きな感情があふれ出るTシャツばかりというのが伝わってきました。シリアル・キラーなどの題材に違和感を感じない方は、全てのデザインをチェックすることをオススメします。

ということで、今回ご協力いただいた「TERROR FACTORY」のサイトはコチラ。

 TERROR FACTORY
 http://www.terrorfactory.net/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい