第70回目「Tシャツブランドインタビュー」~和犬三昧編

第70回目のTシャツブランドインタビューは「和犬三昧編」です。

和犬三昧のサイトはこちらです

 和犬三昧
 http://waken-zanmai.jp/


今回のインタビューは 和犬三昧 さんです。

和犬をモチーフにした犬グッズの専門ショップです。どのTシャツも凛々しくて可愛い犬のデザインばかりの和犬三昧さんからどのようなお話が伺えますでしょうか。お楽しみに。

第70回目「Tシャツブランドインタビュー」~和犬三昧編 (2010/9/1収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

和犬三昧 : よろしくお願いします。

クラゲ : 最初にブランドの自己紹介をお願いします。

和犬三昧 : 「オリジナル日本犬グッズ専門店和犬三昧」の店長兼デザイナー渡部と申します。和犬三昧では、日本古来の和犬(日本犬)と和柄の組み合わせをモチーフにした商品をメインにオリジナルTシャツやオーナーグッズを制作しています。

主なモチーフは、天然記念物に指定されている秋田犬甲斐犬紀州犬四国犬柴犬北海道犬の6犬種です。

柴犬と二色梅Tシャツ

クラゲ : 「和犬三昧」というブランド名の由来を教えてください。

和犬三昧 : 小学校の頃、秋田犬を主人公にした漫画がきっかけで日本犬(和犬)が大好きとなり、日本犬をいつか飼いたい!と思っていました。でも、今の日本の住宅事情ではなかなか飼うこと自体が難しい場合もありますよね。「それなら、せめて身の回りに和犬グッズがたくさんあったらいいなぁ。」と思い、和犬三昧と名づけました。

そして、ペットを飼っている人も、そうでない人でも楽しめるアイテムとしてTシャツデザインを始めました。



クラゲ : ネットでTシャツを売り始めたきっかけを教えてください。

和犬三昧 : ショップ開店の2006年3月から売り始めたのですが、その前の年ぐらいから、そのときの自分の仕事に迷いがありました。悩んだ末に「どうせやるなら好きなことをしたい」と思い、和犬三昧を立ち上げました。
クラゲ : そうだったんですね。思い切ってはじめてみていかがでしたか?

和犬三昧 : 売れるのかどうか不安いっぱいでしたが、ありがたいことにショップを開店してすぐに売れました。正直、バカ売れしたわけではありませんが、あまりのうれしさに、ワインを買ってきてお祝いしました。

クラゲ : おおー!それはステキですね。ネットショップを運営されてみていかがですか?

和犬三昧 : 基本的に商品デザインからサイト管理まであらゆることを2人でやっているので、いつもてんてこ舞いです。忙しいのは、ありがたいことですし、好きではじめたことですから大変というよりは、やりがいを感じています。それに、お客様から感想のメールやお手紙をいただくと、とてもうれしいです。

感想の他に、わざわざ飼っている犬の写真まで送ってくださる方もいて、そこまで喜んでもらえると自然とデザインにも気合が入ります。

クラゲ : お客様から飼っている犬の写真を送ってくれるとは、うれしい限りですね。



クラゲ : Tシャツアイデアはどのように考えていらっしゃいますか?

和犬三昧 : 日本犬の素朴さや、凛々しさなどの魅力が伝わるデザインを心がけています。和柄の由来を調べたりして、犬種ごとのイメージにあった柄を組み合わせてデザインしたりしますね。出かけた先でも、犬を連れて歩いている人を見たり、神社仏閣などの意匠を見て、デザインのアイディアが浮かぶこともあります。

柴犬アップTシャツ
柴犬アップ

それから、北海道犬や四国犬などは、なかなか実物を見られる機会が少ないので、犬の雑誌や写真集の他に、犬を飼っている人のブログなんかをよく見ます。特に柴犬以外の日本犬を飼っている方は、こだわりのある方が多いので、日本犬好きの人たちが、どんなことに興味を持っているいるのか、どんな記事を載せているのかも、とても参考になります。

クラゲ : 犬用Tシャツなどは、飼い主様からの感想はどのようなものがくるんですか?

和犬三昧 : 愛犬にTシャツを着せた写真を送ってくれたり、ブログ等で紹介してくださるお客様がいらっしゃいます。とてもうれしいですね。選べる種類やカラーが少ないので、もっと増やして欲しいというご意見もいただきます。今後、日本犬にあったデザインの犬用Tシャツを増やせるといいですね。

柴犬と梅Tシャツ

クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

和犬三昧 : 「柴犬と梅」ですね。初めて売れたTシャツで、今でも人気のデザインです。ニンマリ顔の柴犬がいい感じに表現できたと思います。初期のデザインなので、思い入れがありますね。

柴犬と梅Tシャツ

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

和犬三昧 : 柴犬以外の日本犬にも焦点を当てているところでしょうか。柴犬や洋犬をモチーフにしたブランドさんは結構ありますが、甲斐犬や紀州犬などのオーナーさまにも「他にない」とよろこんでいただいてます。Tシャツ以外のグッズでは、さらに、犬種ごとに毛色が選べる商品も自慢です。

クラゲ : 毛色まで選べるとはすごいですね!



クラゲ : 和犬三昧さんが気になるTシャツブランドは?

和犬三昧 : 和柄や動物(ペット)Tシャツを扱っているブランドさんは気になりますね。同じテーマのブランドさんは、ありませんが、近いテーマを扱っているブランドさんをチェックすることで、刺激を受けています。

クラゲ : そんな和犬三昧さんにとってTシャツとは?

和犬三昧 : 日本犬好きを表現できるアイテムの一つでしょうか。日本犬好きの方に喜んでいただいて、日本犬を知らない人にも興味をもってもらえるきっかけになるといいですね。

秋田犬と七宝Tシャツ

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

和犬三昧 : Tシャツも含め、日本犬好きの方に喜んでいただける商品をどんどん増やしていきたいです。いつになるかわかりませんが、犬の飼える環境になったら、看板犬(もちろん日本犬の)とともにお店を開きたいですね。今のところ夢のまた夢ですが。

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

和犬三昧 : 長々とお付き合いくださりありがとうございました日本犬好きの方も、そうでない方にも興味を持っていただければ幸いです。今後とも和犬三昧をよろしくお願いいたします。



インタビューはこれで終わりです。

いつも大好きな犬と一緒にいられるようにTシャツを作り始めたというエピソードが素敵ですね。

そして、悩んでやってみたネットショップで初めてTシャツが売れたときに、うれしさのあまりワインでお祝いしたエピソードも、多くのネットショップオーナーが同感されたのではないでしょうか?

和犬三昧さんが看板犬とともにお店を開く日を楽しみにしておりますね。

ということで、今回ご協力いただいた「和犬三昧」のサイトはコチラ。

 和犬三昧
 http://waken-zanmai.jp/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい