第68回目「Tシャツブランドインタビュー」~アオゾラ水族館編

第68回目のTシャツブランドインタビューは「アオゾラ水族館編」です。

アオゾラ水族館のサイトはこちらです

 アオゾラ水族館
 http://quietdesign.net/aozora/


今回のインタビューは アオゾラ水族館 さんです。

ブランド名のとおり、海の生き物をモチーフにしたオリジナルイラストTシャツを作成しているブランドさんです。海の生き物という、他にあまり見ないモチーフのTシャツ屋さんなのでどんなお話が聞けるか楽しみです。

第687回目「Tシャツブランドインタビュー」~アオゾラ水族館編 (2010/8/17収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いいたします。

アオゾラ水族館 : よろしくお願いします。

クラゲ : では最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

アオゾラ水族館 : 熱帯魚から金魚、はたまたホッキョクグマまで取り入れた水族館ブランドの「アオゾラ水族館」です。基本的に魚をモチーフにするはずがウニやらタコもありますので水族館という名前にしといてよかったと思ってます。

ウニTシャツ
ウニTシャツ

タコTシャツ Ver.2
タコTシャツ Ver.2

クラゲ : 「アオゾラ水族館」というブランド名の由来は?

アオゾラ水族館 : アオゾラの下、ウチのTシャツを着る人がたくさん増えて水族館のようになればいいなぁ~という願望が込められています。

クラゲ : ネットでTシャツ販売しようと思ったきっかけを教えてください。

アオゾラ水族館 : 私の得意な表現方法はイラストレーションなんですけど、まぁ~どうやら広告とか出版の仕事をする道は険しそうだと。人脈も力量も全く足りてなさそうだなと(笑)。

そんな時にTシャツビジネス塾を知りまして。同じイラストでも実用的な物に描いてあると喜んでもらえるんだ~と知ったんですね。あれは2006年の夏ごろでしょうか。たしかクラゲさんも講師でいらしてましたね。でも実際にネットショップをオープンできたのは翌年の春ごろだったと思います。

クラゲ : そうでしたね。Tシャツビジネス塾ではありがとうございました。そこからネットショップオープンされて最初にTシャツが売れたのはいつでしたか?

アオゾラ水族館 : あるインディーズの歌い手さんについてネットで調べていたんですけど、ほとんど情報がなかったんです。で、わずかなネットの情報を頼りに面識のありそうな方へメールしたんですよ。そしたらその「面識のありそうな方」が小笠原で海洋写真を撮られてる方だったんです。

突然メールしたものですから怪しまれないように身分証明の意味も兼ねてアオゾラ水族館の話をしまして…。そしたら、なんと第一作目のアロワナTシャツを気に入ってくれて、ネットで初のお客様となりました。オープンして3ヵ月目くらいですかね。

アロワナTシャツ
アロワナTシャツ



クラゲ : ネットでTシャツを販売してみていかがですか?

アオゾラ水族館 : 月並みですが、お客様との交流が一番うれしいです。近況報告のメールをもらうだけでもうれしいですよね。今のところ大変なことはないです。ただ、魚などをモチーフにしてるんで、飼ってる人とかマニアの方に「なんか違うよなぁ」と思われないように気をつけてます。

クラゲ : マニアな方が多いジャンルならではの悩みですね。デザインのアイデアはどのように考えてらっしゃるんですか?

アオゾラ水族館 : 最初に魚の種類などを決めて、どのようにデザイン化したらカッコイイか考えます。リアルにしすぎてもキャラクター化しすぎても良くないのでちょうどいいラインを探します。たいていデザインが決まっても悩み始めちゃって、すぐに商品化はされませんね。Tシャツは何か足りないくらいのデザインがいいと思ってます。

クラゲ : ほほー「何か足りないくらいのデザイン」っていうポイントがあるんですね。



クラゲ : アオゾラ水族館さんが「ここは自慢できる」いうポイントを教えてください。

アオゾラ水族館 : アオゾラ水族館の自慢できるところ、というよりはお客様の熱さが自慢ですね。「この魚のTシャツを作って欲しい」とか「あの魚の商品をもっと増やして」というリクエストが非常に多くて、いつも申し訳ないと思いながら言い訳メールを書いてます。

普通の商売人だったら「今出せば売れる!」と思えるんでしょうけど。むしろ私の場合「今出したら『さぁ買え!』と言わんばかりだよなぁ…」と自重してしまって(笑)

クラゲ : お客様からリクエストが多く入ってくるとはうれしいですね。そんなアオゾラ水族館さんにとってTシャツとは?
アオゾラ水族館 : う~ん…、Tシャツとは…。自分の属性を表すラベルのようなものでしょうか。着ているもので何に属する人か分かりますよね。アート系とかネタ系とか。

シロイルカ(ベルーガ)Tシャツ
シロイルカ(ベルーガ)Tシャツ

クラゲ : アオゾラ水族館さんが気になるTシャツブランドを教えていただけますでしょうか。

アオゾラ水族館 : すべてのブランドです!(よっ!優等生!)いろいろなTシャツブランドを見てますけど、知らないうちに楽天に出店してたりして皆さんすごい行動力だなぁと思います。逆に相互リンクしてたブランドさんが消えてると切ないですね…。せめてサイトを閉じる時は一声かけてくれればいいのにとも思います。

クラゲ : 今後の目標を教えてください。

アオゾラ水族館 : 水族館とコラボレーションしてみたいですね。水族館の売店でTシャツを見てるとアオゾラ水族館のを置いてくれ~って思います。あと、さかなクンにウチのTシャツを着てもらいたいですね。今度送ってみましょうか…。それから、クラゲTシャツを作ってクラゲさんに大人買いをしてもらうのも目標です(笑)

クラゲ : クラゲTシャツが完成した暁には是非お知らせ下さい(笑)。最後に、東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

アオゾラ水族館 : え~水族館という看板を掲げる割には種類も少なく、新作発表も忘れた頃にやってくるアオゾラ水族館ですが、長~い目で暖かく見守っていただければと思います。



インタビューはこれで終わりです。

いつの日か、アオゾラ水族館のTシャツを着たみんなで集まってオフ会をやってみたら面白いだろうなあ、と思ってしまいました。みんなで自分の好きなTシャツを着て、その生物について語り合うって感じで。

そして、「クラゲTシャツ」完成の日を楽しみにお待ちしておりますね(笑)

また、こちらをご覧の全国の水族館関係者の方は、ご興味ありましたら是非アオゾラ水族館に連絡されてみてはいかがでしょうか?

ということで、今回ご協力いただいた「アオゾラ水族館」のサイトはコチラ。

 アオゾラ水族館
 http://quietdesign.net/aozora/

このインタビューを読んだ後にTシャツを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい