第67回目「Tシャツブランドインタビュー」~tfarm.編

第67回目のTシャツブランドインタビューは「tfarm.編」です。

tfarm.のサイトはこちらです

 tfarm.
 http://www.tfarm-store.com/


今回のインタビューは tfarm. さんです。

様々なデザイナー、クリエイター、アーティストによってデザインされたTシャツを販売するtfarm.さんのコンセプトは「デザイナーによるデザイナーのためのデザインTシャツ」。

今回は代表のフジエさんにお話を伺いしました。どのようなお話が伺えるか?お楽しみに。

第67回目「Tシャツブランドインタビュー」~tfarm.編 (2010/7/5収録)

クラゲ : 今日はよろしくお願いします。

tfarm.フジエ: : よろしくお願いします。

クラゲ : まず最初にブランドの自己紹介をお願いいたします。

tfarm.フジエ: : tfarm.(ティファーム)の代表しておりますフジエです。よく「ティ”ー”ファーム」って言われますが気にしません。様々な分野で活躍するクリエイター達による、デザインTシャツブランドでございます。

standard
standard

誰がどんな意図でデザインした?という明確でないモノが溢れ、それを気にしない事が日々日常化している今、tfarm.では様々な分野のデザイナー、クリエイター、アーティスト達に自らの意思で参加してもらい『デザイナーによるデザイナーのため』のデザインTシャツを製作、販売するというコンセプトで立ち上げました。

デザインしたものをただTシャツにプリントするだけではなく、作り手が「Tシャツのために考え、デザインしたもの」をより多くの人達に見てもらい、興味・理解・共感した上で購入してもらう事で作品としての評価を高めていきます。

またデザイナーをHP上で公募することにより新しいクリエイターを発掘していきたいと考えております(←真面目かっ!!)

クラゲ : 「tfarm.」というブランド名の由来を教えてください。

tfarm.フジエ: : やはりTシャツブランドを目指しているのでアルファベットの『T』を入れたいと思いましたが、色々検索していくと『T-○○○』とか沢山ございまして困っていたところ、コンセプトの一つでもある新しいクリエイターのデザイン募集をすることで、我々と共にデザインTシャツ界でゆっくり成長していきましょう!的な意味で『farm(農場)』を合わせまして『tfarm.』と名付けました。

ちなみに私は『circus(サーカス)』と考えていたのですが、意味わからないという理由で周りから却下されてしまいました。

Counselor’s Office COPPEPAN
Counselor’s Office COPPEPAN

クラゲ : tfarm.さんのスタッフの人数とそれぞれの方の役割を教えてください。

tfarm.フジエ: : 私含めて3名でやってます。まず、デザインの監修及びサイトのデザイン等を担う Iさん(性格:飽きっぽい天才肌)はtfarm.と別に自分のウェブデザイン会社の代表でもあり多忙すぎる人生を歩んでおります。

そして、小学生並みの発言を連発するくせにたまにドキッと鋭いこと言う Xさん(好きな果物:みかん)は水戸黄門で例えると、弥七的存在です。まー、スーパーバイザー的に適当なことを言っては周りを困らせます。

そして私、フジエが代表をやっております。業務内容はTシャツの配送です。

ちなみに、基本的に我々はデザインしないので、クリエイターの意向を忠実に再現できるように努めてます。でもいつか自分がデザインしたTシャツを作りたいと密かにたくらんでます。

shout cat
shout cat



クラゲ : フジエさんがTシャツに携わるきっかけを教えてください。

tfarm.フジエ: : 元々代理店で制作の仕事を少ししており、Tシャツだけでなく、グッズの企画~製作~販売までの現場に携わっておりました。クライアント様とお客様が共に喜んでくれる所を見るとうれしく思い、たまたま扱っている商材がTシャツの比重が大きかったので、それを自分に置き換えて夢見たのがきっかけです。乙女チックでしたね。

当時は主に某アーティストのツアーグッズや某プロレス団体、格闘技団体、某テーマパークグッズをはじめ、居酒屋や飲食店のTシャツなども作ってました。

クラゲ : そこからネット上でTシャツ販売をはじめたのはいつ頃からですか?

tfarm.フジエ: : 2007年3月まで各クリエイターにTシャツのラインナップを揃えてもらい、4月からサイトオープンしました。それまでネットショッピングはしたこと無かったので、色々勉強してバタバタでスタートしたのを覚えてます。そして今でもネット通販したこと無いのは内緒です。

pop tee type 01
pop tee type 01

クラゲ : そこから最初にTシャツが売れたときのことを覚えてますか?

tfarm.フジエ: : オープンして大体5日ぐらいで初めての注文がありました。『またまた~』ってパソコンにつっこんでしまいました。あまりの驚きに最初のお客様には本気で菓子折り(バームクーヘン)持って直接Tシャツを届けようと思いましたが、いかんせん新潟のお客様だったのでおとなしく宅急便で丁寧にお送りさせていただきました。その方には機会があればいつかお礼がしたいです。

クラゲ : ネットでTシャツを販売してみての感想はいかがですか?

tfarm.フジエ: : サイトだけの販売で店舗もない弱小ブランドなのに、全国のお客様から注文していただき本当にうれしいです。日々喜びの舞いを舞ってます。

大きい声では言えないのですが、実は根暗な性格なもので47都道府県の地図に注文があったエリアに色を塗ってニヤニヤしてます(引かないでー 笑)。あとは徳島県と山口県の方、よろしくお願いいたします(ニヤッ☆)。

実際、毎年購入して下さる方やリピーターの方には本当に感謝しております。ちょっとしたオフ会でもしたい気分です。



クラゲ : 自分のブランドのTシャツの中で特にお気に入りのものはどちらですか?

tfarm.フジエ: : お気に入りは全てですが、「001-03-c09/standard」は街で着てる人を見た唯一のTシャツです。しかも仕事で富山県に行った時に偶然に。これは本当にビックリしました。ビックリしすぎてお礼も言えませんでした。

standard
standard

あと「002-01-c01/暁」は、超大物アイドルグループのOさんがプライベートで着ているそうです。

standard
standard

クラゲ : 他のブランドに「ここは自慢できる」というところは?

tfarm.フジエ: : あまり他のブランド様が使用しない生地を使ってます。生地の厚みが7.0オンスと丈夫なもので、洗濯しても首回りはしっかりしてます。我々以上に。あとはサイトデザインやサイトカラーまでもまるごとパクッたサイト(沖縄県にあるBARです)に対しても寛容な気持ちでいられるところですかね。

クラゲ : フジエさんにとってTシャツとは?

tfarm.フジエ: : 難しいですね。普段仕事はスーツなのですが、個人的には日々着たいものです。会社的に言うと事業の一つですね。

クラゲ : 気になるTシャツブランドを教えてください。

tfarm.フジエ: : 全てのブランドさんですね。某ユニさん(よくわからない)、某グラさん(昔、お偉いさんと別の仕事でご挨拶しましたね。まさかこちらがTシャツ屋さんになるとは思いませんでしたが)など含めて全てですね。この2社には『もうかりまっか?』と聞いてみたいですね。

WE ARE THE INFINITY,OF EACH OTHER
WE ARE THE INFINITY,OF EACH OTHER



クラゲ : 今後の目標を教えてください

tfarm.フジエ: : 出店したいです!とは言いません。段階を踏んでから考えたいですね。まずは名前を聞いて「あー、何か聞いたことある」レベルになりたいですね。

クラゲ : 最後に東京Tシャツ部をご覧の皆様に一言いただけますでしょうか。

tfarm.フジエ: : 最後までお付き合いくださりありがとうございました。まさか自分がブランド立ち上げ前から見ていた『東京Tシャツ部』さんにインタビューされるとは夢にも思いませんでした。

オシャレなTシャツも良いですが、たまには自分のこだわりTシャツブランドを探すのもよろしいかと思います。どーもありがとうございました。

クラゲ : 今日はありがとうございました。

tfarm.フジエ: : こちらこそありがとうございました。

星空のお散歩
星空のお散歩



インタビューはこれで終わりです。

tfarm.さんのスタッフ3人の役割についつい微笑んでしまいました。なんかみんなでワイワイいいながら運営している光景が目に浮かびます。

そして、全国47都道府県制覇で残るは「徳島県」と「山口県」ということで、両県の方で興味のある方はサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

ということで、今回ご協力いただいた「tfarm.」のサイトはコチラ。

 tfarm.
 http://www.tfarm-store.com/

このインタビューを読んだ後にサイトを見てみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせて読みたい